recommendation

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

categories

archives

National Nurses Week看護週間

0

    先週5月6日から一週間は

    National Nurses Weekで看護週間

     

    毎日のように、病院から、患者さんからのギフトがカウンターに並んだ

     

    金曜日最後は、お昼はピザのランチ

    そして、患者さんがたちが

    「いつもありがとう、Happy Nurses Week!」といって

    手作りのクッキーやらケーキやら届けてくれて

    ナースステーションのテーブルに乗り切らないほど

    患者さんや職員からナースへのLOVEがあふれていた

     

    ナース

    最高の職業だと心から思う

    ナースになって、18年

    楽しい時、大変なときも、燃え尽きそうになったときも

    ナースの他にやりたいなって思える仕事にであったことがない

     

    高校生の時はナースについてほとんど知らなかった

    ほかの学部を漠然とめざしていた高校時代

    浪人して、自分がやりたいのはどういうことだろうと見つめ直した時に

    看護師という選択肢がでてきた

     

    その時は、ナースの可能性がこんなにも無限にひろがっているとはしらなかった

    がん看護をやりたいと思い、渡米するなんてことも思いもしなかった

     

    そのおかげで、たくさんの出会いがあった

    同じく看護を愛する人たちに日本でアメリカで出会えたことは最高の財産

     

    日本でアメリカで、世界中のナースに

    もうおわっちゃいましたが

    Happy Nurses Week!

    Mahalo

     




    最後のプレゼンテーション&キャリアフェア

    0

      今日この学期最後のプロジェクトが無事に終了した

       

      "Decision Making in Primary Care"というクラスで

      二人一組のグループになり、プライマリーケアで遭遇する患者さんの症状や疾患について

      どうアプローチしたらいいか

      1時間半の講義を行うというグループプロジェクト

       

      私とパートナーIが選んだトピックは『Peripheral Neuropathy (末梢神経障害)』

      末梢神経障害といってもたくさんの種類があり、現在100種類以上あるといわれています

       

      そのなかで自分は、一番よくみる「Polyneuropathy(多発性神経障害)」

      Iは、「Chemotherapy Induced Peripheral Neuropathy (CIPN)抗がん剤性末梢神経障害」

      について説明

       

      実際に診た患者さんのケースを一人ずつだし

      どういう問診をしたらいいか、末梢神経の診察方法

      そして、原因疾患、診断に繋がる採血やテストなどについて説明

       

      今回、このプレゼンテーションの準備にとりくむにわたり、

      まずは自分自身が神経の仕組みやひとつひとつのことを理解することに集中した

       

      神経は複雑

      複雑なものは、説明しようによってはとても複雑

      でも、そこまで複雑にわからなくてもいい

      シンプルに基本を理解することに徹した

       

      自分がこのプロジェクトの過程で理解することに努めたおかげで

      実際のプレゼンでは結局ノートをみずに、クラスメートの顔をみながらスライドをみながら

      説明することができたので、自分なかでは目標達成

       

      プラスで、クラスメートからも

      「神経系はすごく複雑でいままで嫌いだったけど、Mokoのスライドのおかげで理解できてよかったと」

      と何人ものクラスメートからイイフィードバックをもらえた

       

      午後からは、もう一つ出席必須の授業があり

      お題は、Career Fair

      サンフランシスコはナースにとっても人気の街なのだが

      ナースプラクティショナーにとっても、働いてみたい人気の場所

      というわけで、多くの病院が「新人のナースプラクティショナーはとりません」

      といっていて。。。。。。

      経験をつみたいのに、その最初の一歩を踏み出すことが困難な街

       

      そんな中でも、うちの学校の卒業生を新卒でもいいからといってくれている

      病院が30病院以上あつまり、ブースをだしてくれ実際に人事の人と話す場がもてて

      有意義だった

       

      毎年、この2時間のキャリアフェアで、仕事をゲットする学生もいるとか

       

      泣いても笑ってもあと4週間でNPプログラムは修了

      あとは、3個のペーパーをかいたら課題も全ておわり

       

      ラストスパートがんばるぞ〜!!

       

       




      ONS CONGRESS 2019 (がん看護学会)

      0

        先日、南カリフォルニアまで車を7時間ほど走らせ

        ONS Congress 2019=がん看護年次総会に出席してきた

        学校や仕事もあり、参加どうしようかな〜とおもったがおもいきって

        参加してよかった

         

        さすが南カリフォルニア!

        THE CALIFORNIAといった大晴天

         

        会場は、

        アナハイムのディズニーランドの横にある、コンベンションセンター↓


        開会セレモニー↓

        今年は、参加者は4000名

        アメリカだけではなく、他国からも参加するこの学会

         

        今年のテーマは

        "GROWING TOGETHER!"

        いろいろなセッションがあって、

        どのセッションにいくかいつも迷ってしまう

         

        統合医療のセッションがあったり↓

        今年、一番学び深かったのが「肺がん治療」のセッション

         

        自分自身、がん看護師として一歩を踏み出した2001年は

        肺がん病棟に配属

        その頃は、病理組織で、扁平上皮癌、腺癌、大細胞がん、小細胞がんくらいしかわからなかったのが、

        上記の図にあるように、今ではたくさんのバイオマーカーがわかり

        たくさんの新しい治療により、長く生きれるだけえはなく、QOLも向上している

         

        学会

        あたらしい知識の学びがあるだけではない

        その場にいく一番のメリットは出会い&仲間との再会

         

        実は、今年、参加を決めた一番の理由&学会参加の目標が

        Job Hunting=就職活動

         

        病院からリクルーターがきていて、話を直接きけ&聞いてもらうことができた

        なにより、それによって、就職活動へのエンジンがかかったこと

        今後の目標が定まったのが一番の収穫だったな〜と

         

        学会での学び

        出会い

        そしてそして学会後、

        南カリフォルニア在住のBest Friends' Familyとすごした楽しい一時に

        mahalo

         

         

         




        新学期スタート

        0

          本日から、いよいよNPプログラム最後の学期=春学期がスタート

           

          今学期は、

          2つの授業

          "Decigion Making in Adult Gerontology Primary Care"

          "Leadership

          のクラスと、実習の事例を小さなグループで話し合うセッション

          そして、残り120時間の実習予定

           

          今日のDecision makingのクラスでは、

          特別ゲストとして5年前にこのプログラムを修了した卒業生が

          「口腔内疾患、診断&治療」についてどうアプローチするかケースをとおしての講義だった

           

          とても興味があったのが、そのかた、以前は歯科医師として20年近く働いていて

          学校にもどり、ナースプラクティショナー(NP)となり、今のNPとしての仕事がとても楽しいと

           

          歯科医師の経験があるので、その視点も踏まえて、

          でもNPとしてプライマリーケアですべきことが学べ、

          フムフムととても勉強になった

           

          今日は朝9時から夕方6時まで授業がみっちり

          最後の5時から6時のセッションは、去年の卒業生がどうやって職探しをして

          この一年どうだったかをはなしてくれ、またまた今後について、

          将来についてどうしていきたいか見つめ直すことができた

           

          学校後は、じんちゃんと近くの公園へ

          こちらも桜が満開です!!

          桜がどの花よりも大好きな自分

          みているだけでほっとします

           

          実は、愛犬ジンジャーのミドルネームは『Sakura』なんです(笑)

           

          今年は、例年以上に雨が多かったサンフランシスコ

          桜以外にもたくさんのお花が一斉に咲き始めました







           

          学校での学びのチャンスに

          その後のランニングwithお花見の

          リフレッシュな時間に

          mahalo




          結婚13周年

          0

            先日3月26日はmoko-sat結婚記念日

            ありきたりの言葉だけど、

            皆に祝福していただいてから

            本当に”あっという間”に13年が経った

             

            そもそもこのブログを始めたのは、

            結婚式の情報を、家族や友人にみてもらうため

             

            日記も家計簿も三日ぼうずの自分

            いろいろとあきっぽかったり

            すぐ冷めてしまう性格だけれども

            こんなに長く続いているのは、

            このブログとSatとの二人三脚と看護の3つのみ?!

             

            今年の結婚記念日は、仕事も学校もおやすみで

            Satとジンちゃんとハイキングへ

             

            Mt. Tamalpaisという山にあるトレイル

            今回いくつか歩いたトレイルの一つに

            Cataracrt Falls Traiというのがあった

            Cataracと聞くと、すぐに「Cataract=白内障?!」と思い浮かんだが

            辞書をみてみると、Cataract=白内障以外に、「大雨、大滝、洪水」という意味があるらしい

             

            その名前どおり、乾燥地帯のカリフォルニア州では珍しく滝がいくつもあり↓

             

             

            行きはつねに、小川の横をとおり

            森林浴&マイナスイオンをたくさんすいこみ、すっきり〜

             

            じんちゃんも気に入ったのか、

            いつも自分たちのすぐ横か後ろからはなれないのに

            このトレイルは一人でずんずん↓

            じんちゃんをadaptした当初は、臆病で、ブルブルすぐなっちゃって

            トレイルなんて、怖くて怖くて足がすくんじゃって歩けなかったのに

            3年でこんなにたくましくなって後ろ姿が愛らしかった

             

            滝を見ながら、ランチタイム↓

             

            その間も、いろいろな角度から滝を楽しむ?!じんちゃん↓

            柔らかいコケに包まれた岩の間を流れ落ちる滝はとても綺麗で優しかった



            ずんずんいくと、池にたどりつき↓

            一周して、10マイル=16キロのハイキング

             

            たくさん歩いて、いい具合にお腹も減り

            夜は、サンフランシスコにある人気のギリシャ料理のレストランで

            Satと、結婚記念日をお祝い

            メインは

            白身のハルビットという白身の魚と

             

            ホタテのステーキ

            どれもおいしかった〜

             

            結婚13年

            どんなときも、なにがあっても家にかえると

            ストレスゼロで心からほっとできる休める空間

            それも全てSatのおかげ。。。。。

             

            いつもすぐ横にいてくれる最大のパートナーSatに

            こんなmoko-satを応援し、みまもってくれる家族&友人に

            心からMahalo

             

             

             

             




            | 1/384PAGES | >>