recommendation

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

友との再会in ピッツバーグ

0
    オハイオ州に到着した次の日向かった先は
    隣の州ペンシルベニア州のピッツバーグ



    車で約4−5時間の距離
    こっちにいると車で4時間でいけるなら近いとおもってしまうのが
    不思議な距離感

    オハイオ州は大きなビルがなく、大自然でしたが
    ペンシルベニアの街は都会



    この街大学院時代の友人Jが住む街
    本当にお世話になった友人
    彼無しでは卒業は無理だったと言っても過言ではないほど

    そんなJと1年ぶり半の再会


    彼はナースとして、とことんリサーチに励み
    博士課程も取得し、今はポストドクターで働いています
    遺伝子レベルの研究、話しを聞くたびにとっても刺激的

    そのJが働く学校を案内していただきました
    なんともいえない素敵な校舎


    一つ一つの教室が
    色々な国の昔の教室をまねてつくられているとてもユニークな教室

    ギリシャ


    SatとJ



    日本風の懐かしい教室もありました

    五月人形も


    あ〜本当に楽しい旅だったなあ
    旅の醍醐味はどこにいくというよりは
    人と出会うこと、再会することだよねとSatと改めておもった
    ピッツバーグの旅でした

    Mahalo






     



    友人と再会 inオハイオ

    0
      オハイオ州に到着
      まず向かった先は友人Sのお家

      S夫婦は、去年までハワイに住んでいて、ハワイアルティメットを
      グイグイとひっぱってくれていた仲間!!

      半年ぶりの再会
      オハイオにきたのは、彼らにあいたかったからといっても過言ではないほどハート


      (↑ちょっと暗い写真ですが。。。。オハイオ州、夜の9時半ころまであかるかったです)

      自然いっぱいの町
      夜はなんと、お庭で沢山の蛍がみえたんです♪
      蛍なんて、子供の時にみていらい30年ぶり?!

      窓からお庭にいる蛍にみいるboys


      もうこれだけでも、貯金がきちゃうほど充実したひとときに
      Mahalo








       



      お久しぶりです

      0
        筆無精。。。。
        最後にブログを更新してから早3週間以上
        日記3日坊主、過去に何度も経験ある自分。
        日記から一度離れてしまうとなかなか開くのがおっくうになってしまうのですね

        その間、moko-satオハイオ州へ旅行ににいっていました
        オハイオ州、同じアメリカ内なのに
        すっごく遠かった
        ハワイから日本へいくのに、6−7時間なのに
        オハイオへは、乗り換えも含めてかかった時間は12時間
        とおかった〜〜〜



        オハイオ州コロンブスについて
        車を走らせた第一印象は
        大草原!


        車を1時間2時間はしらせても
        ひたすら草原&自然がひろがっていましたundefined


        ハワイでは、2時間車をはしらせると島を一周出来ちゃうのに
        まだ目的地につかない壮大さ

        脱3日坊主の日記
        ちょぼちょぼオハイオ旅行記アップしま〜すDocomo88



        レインボー滝 inヒロ

        0
          父母とハワイ島旅行2日目はあいにくの雨
          強い雨で
          ヒロの街にあるレインボー滝(Rainbow Falls)がすごいことにびっくりびっくりびっくりびっくり

          この間の2月にいったときの様子がこれdowndowndowndown


          そして今回のレンボー滝がこれdowndowndowndown


          ナイアガラ滝状態。。。。エリザベス
          同じ滝とはおもえませんね〜kyu

          ワイピオ渓谷も


          普段ないところに滝が!


          雨で結局最終目的地のキラウェア火山は断念
          でもそのおかげで、いつもと違ったハワイ島をたのしめましたきらきら

          ゆっくりのんび〜りドライブをしながら
          いろんなお話ができてうれしかったわーい

          小さい時に学校から帰ると
          「こんな事があったよ!」って話して
          父母がいつも熱心にきいてくれていたのを思い出した

          こうして大人になっても、父母とゆっくり話せるのは
          貴重な時間きらきら

          Again遠くはるばるハワイまで遊びにきてくれた
          両親に心からMahalo
           



          ハワイ島への旅

          0
            4月29日がみどりの日ではなく昭和の日になった
            のに今年初めて知ったmoko-satkyu

            そういう話しをしていたとおもったら、あっという間にそれから2週間。。。。
            Time flies so fast!!

            日本ではゴールデンウィークの時期
            moko's父母がハワイへ到来し楽しいひとときを過ごしていましたハート

            ホノルルに無事と到着して
            綺麗な海をながめながら


            向かった先は


            ハワイ島


            父にとっては初めてのハワイ島
            母は48年=約半世紀ぶりにちゅん笑到来

            到着後は、海でのんび〜り


            ホテルの目の前のビーチはプライベートビーチ
            で人もすくなく、ゆったりのんびり
            正しく最高に幸せで贅沢な時間びっくり

            海をながめながら、そよ風を感じながら頂くディナーも
            ハッピータイムSMILY



            父と母とハワイ島でこんな時間をすごせるなんてハート
            今おもいだしても心がハッピーになります♪
            遠いところきてくれてありがとう

            父母&Satと過ごした夢のようなひとときに心からMahalo






             



            人生初のマウナケア天文台

            0
              今回のハワイ島旅行で一番楽しみにしていた事といっても過言ではない場所がここでした。
              ハワイはこの時期は雨期、しかもハワイ島の一番高い山は雪が降るという気候。
              というわけで、山に登れることも諦め半分な夢でした。
              いけたらいいな〜という思いで、でも思いを込めていった旅行。

              日本で勤めていた時のGセンタ−の大先輩&旦那様が連れて行ってくれたツアー
              一生わすれません!



              登る途中の山は赤土だったのに


              頂上にきたら、一気にこの雪山


              ハワイでこんな雪山がみれるなんて、
              それだけで幸せな気持ちが沸き上がりました


              嬉しい気持ちが反面。。。。
              この頂上、すでに標高は4206m

              今までで人生で一番高いところにいったのが、富士山の3700m
              その標高をはるかにうわまらる4200Mのこのマウナケア山

              酸素が薄く感じるのもそのはず
              95−100%が標準である酸素飽和度も、
              私たちでさえこの値


              77%!!!
              ってびっくり仰天島な値。相当低いんです。

              天文台の中まで見せていただき本当に感動の連続でした

              機械だらけで、興味が失せるかなとおもったものの
              そんな心配もよそにメチャクチャ楽しませていただきました

              中までみせていただき、Nさん&旦那様本当にありがとうございました〜!

              その後一番高い山へと向かいました

              下りは、私自身もう酸素も低下していてへろへろに


              あ〜でも本当いい経験
              寒くって足もうごかなくなり、気持ちがなえた時に
              大先輩のNさんが暖かいココアを作ってくれて
              本当に心の底からいやされましたハート

              その後に見えた夕陽


              綺麗で感動の瞬間でした


              幸せの瞬間、Nさん&旦那様心からありがとうございました!


              ハワイに来てこんなひとときを過ごせるなんて

              ここにつれてきてくれた先輩Nさん&旦那様に
              人生最高の綺麗な夕陽をみせてくれたことに
              心からMahalo


               



              ハワイ島ヒロの旅

              0
                ハワイ島のヒロへ旅行にいってから、早2週間が経過Docomo119
                楽しさ満載だった旅行記を振り返って書いていこうと思いますおかお(幸せ)

                2月21日朝の7時の飛行機でコナへ
                ホノルルからコナは飛行機で40分ほど
                心配していたお天気も持ち、
                飛行機からも綺麗にハワイ島の山々を見下ろすことができましたびっくり


                到着後、朝ご飯を食べに
                Le Magic Pan

                ハワイ島の地球の歩き方ににっていたクレープが食べれるカフェ

                大好きなサーモンが入ったクレープに


                デザートで、
                リリコイ(パッションフルーツの)クレープ


                リンゴのクレープ


                どれもおいしくって大正解ハートニコ
                ここ、フリーWifiも使えるからおすすめです。

                お腹もみたされ、観光へ

                レインボー滝


                車を北へ1時間ほど走らせ
                ワイピオ渓谷展望台へ


                切り立った渓谷&海がきれいに見えました


                さてさて、いよいよここからが、
                この旅で一番楽しみにしていたイベントがまってま〜す矢印



                サンフランシスコ旅行&America's Cup

                0
                  ブログ更新がなかなかできずあっという間に2週間が過ぎちゃいました。
                  取り組んでいたプロジェクトも無事に終了し今日からブログ再開いたします
                  この二週間かきたいことてんこ盛り
                  ちょっとずつ綴っていこうとおもいます


                  この一週間日本のナースの方の研修のお手伝いでサンフランシスコへいっていました

                  一年ぶりのサンフランシスコの街はピカピカの大晴天

                  サンフランシスコの急な坂を上るケーブルカー

                  父と母ともいった思い出のフェリービルリング

                  ベイブリッジ

                  どこにいっても、懐かしい景色ばかり
                  サンフランシスコはmoko-satによってアメリカで一番長く住んだ街でもあり
                  第二の故郷のような存在です


                  なんともいいタイミングで、沢山のイベントがあった週末でした
                  America's Cup(アメリカズカップ)といって、ヨットの世界大会がサンフランシスコの
                  ベイエリアで開催

                  このAmerica's Cup、オリンピックよりも長い歴史があるレースで1851年から
                  開催されているようです

                  ヨットというとゆっくりゆっくり進むよっとを思い浮かべますが、これは世界のヨットレースということで、全ての技術を投入、軍事などでつかわれる技術も投入され
                  時速100km近くなるそうです

                  昔からの友達がそのレースをみるのに、朝7時から場所取りをして大パーティー

                  ビーチにはいつもよりも沢山の人で賑わっていました


                  この友達、もうパーティーの名人です
                  家から衛星放送の器具を持参
                  それをトラックへ置き

                  ヨットはすぐにとおり目の前をすぎてしまうので、その後はテレビ中継で観戦


                  今年は、決勝まで勝ち進んだ二国=アメリカ VS ニュージーランド

                  赤いヨットがニュージーランド

                  黒いヨットがアメリカです

                  近くの広場では大きなスクリーンが設置されて
                  そこでも様子がみれました

                  皆スクリーンに釘付け

                  このヨット達は、造船工学のみならず、建築工学や流体力学の知識が組み込まれ
                  そして、きわめつけは軍事技術が投入されたもので
                  このレースをみて今までのヨットのイメージががらりとかわりました
                  このヨットを人力で動かしているところがまたすごかった
                  かっこ良かった〜

                  その御陰で友達にも会えたしサンフランシスコの旅開始早々楽しさ満載


                  LOVE San Francisco







                  久しぶりのサンフランシスコの街並み

                  0
                    2年半住んだサンフランシスコ最後に訪れたのは2011年3月なので1年半ぶり
                    サンフランシスコは自分が住んでいた経験から10月が一番お天気が多い月
                    その期待に応えてくれて大晴天が迎えてくれました

                    サンサンの太陽に照らされて輝いているシティーホール


                    サンフランシスコのお家ってかわいくって大好き

                    最近まで住んでいた、でも学生時代は遥かかなた昔のような
                    そんな不思議な気分でサンフランシスコの街並を車のなかからみていました

                    無事に日本からこられた皆様ともホテルで会えてホット一安心
                    オリエンテーションをして、皆でフィッシャーマンズワーフへ

                    日本から来られた方達がぜひクラムチャウダーを食べたいという事で
                    クラムチャウダーやシーフードがおいしいと評判のScoma's

                    噂通りクラムチャウダーもシーフードパスタも全ておいしかった

                    さ〜いよいよ次の日から研修スタート
                    日本からこられたかたと思う存分学ぶぞ〜と前夜は胸の高鳴りがとまりませんでした



                    サンフランシスコ旅行

                    0
                      今週サンフランシスコにいっていて昨日ハワイにもどりました。

                      出発早々出だしからハプニングに見舞われました
                      9月30日の朝6時半発の飛行機だったのですが
                      飛行機に乗込みいざ出発というときにアナウンスがながれ
                      「機械の故障がみつかりとびたてません。」
                      その後飛行機で1時間待機したのですが、一向になおらず
                      「まだ時間がかかりそうなので飛行機から降りたいかたはおりていいですよ」と。

                      で、皆飛行機をおりて待機

                      なおったらアナウンスがながれるので。。。。といっていて
                      最初は8時半に出発できる見込みとアナウンスがあったのに
                      お昼になってもメドがたたず。。。。。。
                      1人10ドルのランチ無料券もくばられ、それはラッキーだったけど
                      予定時間はいっこうに決まらず。

                      完全なバケーション旅行だったのなら遅れても仕方がないな〜でおわっていたのですが
                      今回実は日本から来られるかたの研修のお手伝いだったので、月曜日の朝までには
                      到着しなければならない状況でした

                      16時頃なおったということで一度飛行機にのりこみ滑走路の近くまで進んだのですが
                      またしても「また問題が」って。で、もういちど飛行機からおりてって。。。。。

                      飛行場についてからかれこれ12時間以上が経過
                      18時に今度こそなおったという連絡があり乗込み、機長からも
                      「皆さん、辛抱強くまっていただきありがとうございます。問題が解決し出発できます!」と連絡があり拍手がなりひびきました。

                      が、滑走路のほうにいきまたもや。。。。
                      「問題が発生しました。最終決定で今夜の便はキャンセルになりました」という放送が。

                      乗客は疲労と人によっては怒りが爆発
                      飛行機を降りてカウンターでは怒鳴り声をあげる人も

                      乗務員が状況を説明しようとするのですが、その様子を携帯のビデオカメラでとっている
                      ひとがいて
                      「国の法律でこの説明はビデオやレコーダーで録音してはいけないようになっているので
                      とっているひとはオフにしてください」
                      といわれ、さらに怒りが爆発する人も

                      きっと、裁判をおこそうと考えている人もいて、そのビデオをとろうとしたのだろうけど
                      飛行機会社もそれを阻止しようとしているのがみてとれました

                      私たちは、疲れたけれども、おこってもなにも状況がかわらないのであれば、
                      おこらずまつしかないねって
                      無理してとんでも飛行機がおちる心配もあるし、それならばちゃんとなおってからじゃないとねって

                      でも、日本から到着する方のお迎えの件が私の頭から離れず。。。。。
                      サンフランシスコにいる友達に電話をかけたら
                      忙しいのに代わりに飛行場にお迎えにいってくれるといってくれて
                      つっかえていた心配がとれました。
                      ほんと、持つべき物は友達ですね
                      他の友達も「なにかできることがあったらいってね」って
                      困った時にこうしてヘルプを差し伸べてくれる友人たちに心から感謝感謝

                      結局航空会社のほうで、ワイキキのマリオットホテルを用意してくれて
                      そこで無料で泊まれることに
                      家にかえってもよかったのですが、また次の日朝3時半にでないといけないし
                      ホテルにバスが迎えにきてくれるようなので、結局ホテルに泊まる事に

                      こんなことがなかったらワイキキのホテルにとまれないものねって
                      こんな時もずっとSatと一緒だったから長い待ち時間もハプニングも
                      苦痛なくすごすことができました
                      このハプニングもいい経験
                      ワイキキビーチ目の前のホテルにとまれるなんてラッキーラッキー
                      夜ご飯も(たったの10ドルですが)無料券が航空会社からでて
                      それをつかってマリオットホテルに入っているMoanna Terraceというレストランへ

                      生演奏をききながら

                      そして波の音をききながらの贅沢なひととき

                      私の大好きなメキシカン料理ケサディーヤ

                      Satはサンドウィッチ

                      飛行場でまっているだけだったけど体はつかれていたみたいで
                      食べてお部屋にかえったらバタンキュー

                      朝3時に起きて3時半のバスにのり
                      飛行機は故障していた飛行機ではない別の飛行機だったので
                      問題なくとべました

                      こんなにサンフランシスコが遠いとは。。。。。。
                      今まで何度も飛行機にのってきて
                      何時間か飛行機が遅れた事は過去にあったけど、一日遅れて次の日になるのは
                      初めての経験
                      めったにおこることではないけれども、おこりうること。
                      次に研修を手伝うときにこのことを頭にいれてなにかあって遅れた時の準備もしておこうといい学びとなりました





                       



                      | 1/4PAGES | >>