recommendation

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

新学期に向けて

0

    夏学期は授業を取らなかったので、4ヶ月夏休みを満喫

    といってもフルタイムで仕事をして過ごした

     

    現場にどっぷりもどり、やっぱり自分は実践が好きだと改めて気づいた

    でも、昨年学校にもどり学びを深めたおかげで、いままで見えていなかったことが

    みえてきたというのも喜びだった

     

    来週からナースプラクティショナープログラムの2年目がスタートする

    1年目は、学期ごとにいろいろな病院にいき、違った場所で学びをふかめてきた

    2年目は、一年間毎週同じ場所にいき、継続的に患者さんを診ることができる

     

    私がいく実習場所は、軍人さんがいく病院でとても特殊な病院

    実習にいくのにも、過去の犯罪歴がないかなど、指紋をとって調べられる

    書類審査も何週間かかかる

     

    来週はいよいよプリセプターとの面談があるので

    ドキドキワクワク

    自分の目標を見つめている今日この頃

     

    新しい学びのチャンスに

    チャレンジに

    これから出会う新しい出会いに

    mahalo

     

     

     

     




    1年目最後の実習

    0

      先週、最後の実習を終えて本当にNPプログラム1年目を終了した

       

      ベッドに寝たきりの状態をBed-bound, 家からでれない状態のことをHouse-bound

      というが、この往診の実習では、慢性疾患のためbed-boundやhouse-boundの方々のお家を

      プリセプターとともに往診した

       

      心疾患、呼吸器疾患、腎疾患、痴呆、免疫疾患、がん、血液疾患、精神疾患etc....

      いくつもの疾患を抱える患者さんのプランはとても複雑で一筋縄でいかずとても難しかった

       

      が、診療所と違い、家に訪問し1時間くらいじっくり話を聞き、診察でき

      学びたくさんの実習だった

       

      訪問後は、プリセプターが運転する車のなかで、

      実際に見た患者さんのケースを話し合い、

      診断を考え、ベストなプランはなにかを話しあうその過程がこれまた勉強になった

       

      一人の人が全てを知っていることは、不可能

      今まで出会ったことのない症状にであったり、検査所見にであったときに

      どのように調べ、どのように他のチームメンバーに相談しベストな答えを導いていったらいいか

      その過程をNPプリセプターHから学ぶことができた

       

      プリセプターH、惜しみなく多くのことを時間をかけて教えてくれた

      いい資料やリサーチがあればおくってくれたり、

      「Mokoすごくいい書き方のノートをみつけたわ」とおしえてくれたり

      最後の日も、3時くらいに訪問を終えたがその後2時間くらい

      今までみた患者さんについて、話す時間をくれとことん教えてくれた

       

      こんな風に将来自分も働くことができたらな、

      こんなNPになりたいという

      ロールモデルであり、学校の先生であり、プリセプター、メンター。。。

      そんなHについて実習ができたことに Mahalo

       

      ↑いつもは時間がなくて、車のなかで移動中にランチをほおばっていたが

      最後の日は、カフェにいきランチ。がっつりサーモンクレープをたべ午後の往診のパワーに。

       

       

       

       

       

       




      | 1/1PAGES |