recommendation

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

人生初の面接 in the U.S

0
    先週の日曜日に志願していた病棟のマネージャー(=師長さん)からメールがあり
    月曜日にこちらから電話をかけ面接日(=6月1日)を決定しました。

    面接日に向けて全力で準備をしようと思い出来る限りのことをしました。

    googleでこちらの面接での定番の質問を調べ+何人ものクラスメートに面接の時に聞かれた質問を確認+知り合いの病棟に行きマネージャーに会いどんな質問を通常するかなど質問項目について調査しました。

    その後はそれらの質問項目について回答を作成。

    その回答を友達と会食しながら訂正してもらいアメリカ人が好きな回答に直してもらったりしました。


    そしてそしてその後はひたすら練習の毎日。クラスメート&アドバイザーが三人で模擬面接をしてくれたり知り合いのナースもオフィスで練習をしてくれたり、信頼している大先輩のEさんが電話で何度も面接の練習&アドバイスを頂いたり。。。。

    クラスメートも会って聞いてくれたり、電話で対策を練りつつ練習をしてくれたり。

    とにかく、周りの皆の助け&エールに助けられました。



    そしていよいよ面接当日。
    サンディエゴまで飛行機で飛ぶこと1時間10分。

    やっぱり初めての面接は多少は緊張したけれども、その時を迎えた時はもう当たってくだけろ状態で緊張はあまりしていませんんでした。

    マネージャーから開口一番にいわれたのが

    女「アメリカでの経験が無いということを聞いたのだけどそのことについてどうおもう?!」
    女「アメリカと日本では医療も看護も違うと聞いたけどどのように違うとおもう?!」
    女「アメリカと日本ではコミュニケーションにおいても違うときいたけどドクターやナースそして患者のコミュニケーションはどう違うの?」

    等々、日本とアメリカの違いについて10問以上の質問が。

    正直それらの質問は想定していない質問でした。

    振り返ってみると、アピールが足りなかったと後悔の念が募ります。

    でも自分なりには言いたいことはガンバっていえたかなって。
    その成果あってか「がん看護へのパッション(情熱)はすごいね!」ってみとめてくれたことはうれしいことでした。

    でも、アメリカでの経験がある人を欲しているということ、今は新卒は2〜3年で辞めてしまうことが多いから雇うポジションも設けていないということ、もしも興味があるならば他でがん看護の経験をつんできてからもどってきてほしいということを告げられました。

    その後も何度も、「ここで働いてみたい」という意思を伝えましたが結果は
    「他の場所でも仕事をさがしてほしい」というアンサー。。。。。。

    玉砕でしたムニョムニョ


    正直会ってもらえたら可能性が大だからという皆からのエールを聞き期待していた自分がいました。
    そしてそのチャンスを引き延ばせなかった自分がいました。

    ただただ後悔がつのる波が襲う時もありましたが、今はとてもいい経験をしたとおもっています。

    これが終わりではなくこれがスタート。

    一晩寝てまた明日からスタートをきります!





    コメント
    mokoちゃん
    お疲れさま〜!! がんへの情熱を伝えられた事、向こうの心に響かせる面接が出来た事すごいと思う!頑張ったね。
    今厳しい時代だから面接まですすめるのはすごい事。とっても貴重な経験だね。今回の経験が今日からのスタートに大きな変化をもたらすと思うよ。
    • Miho
    • 2010/06/03 9:47 PM
    お疲れさま〜!!がんばったモコちゃんに乾杯〜!チャンスはどこに転がってるかわからないもの。今回のことは次の大きなステップなんだと思うよ。それにしてもがんへの情熱を伝えてきたもこちん、その情熱、誰かが見てるよ!
    • なおみん
    • 2010/06/03 10:27 PM
    Mihoちゃん
    うんうん、会ってもらえて話を聞いてもらえたことだけでも今回はとてもいい経験だったと思います。また作戦ねりま〜す。
    Mihoちゃんお互いにアメリカでナースデビュー目指してがんばりましょ〜♪
    • moko
    • 2010/06/04 1:05 AM
    なおみん
    かんぱ〜い☆
    ありがとう!きっと私のことを必要としてくれている病院があり出会いがあるんだと信じ今回の経験をもとにまた頑張ろうと思います!
    がん看護が好きなことが伝えられたし解ってもらえたのはうれしかったです。
    それを買ってくれるマネージャーが絶対いるはず☆よ〜しがんばるぞ〜
    • moko
    • 2010/06/04 1:08 AM
    もこちゃん、

    お疲れ様&すごい頑張ったね。周りの人に助けを求めて、そしてアドバイスを生かしながら、こんなに頑張った自分を誇りに思ってね!!なかなかここまでできる人は、そうはいないよ。すごいよ。

    ものすごく期待していたと思うから、反動が大きかったと思うけど、アメリカで人生初の面接だったわけだし、この経験をきっと生かしていけると思うよ。

    今の時代、新卒のアメリカ人でも100病院くらいにアプライして、それでも仕事もらえなかったりしてるし。でも、もこちゃんがきっと必要とされている病院にこれからめぐり合えると信じてます。
    • いこ
    • 2010/06/04 10:49 AM
    いこちゃん
    どうもありがとうです。やれるだけのことをやったし結果は残せなかったけど過程と本番で学ぶことが多くってトライして良かったなと思っています。

    そっか100病院もアプライしている人がいるんだね。
    こりゃあすごい。。。。。私も今日からいろいろとアプライをするために病院探しをしています。私の運命の病院がみつかりますように〜
    また報告します!
    • moko
    • 2010/06/04 12:00 PM
    mokoちゃんお疲れ様。
    何事も経験だよぉ。
    きっと、この経験が活かされる日が来るはず。

    にしても、新卒が2〜3年で辞めちゃうんだねぇ。

    理由は、日本みたいなもん???
    • chizu
    • 2010/06/06 10:21 AM
    chizuちゃん
    うんうん、とてもいい経験だったなっておもいま〜す。
    2〜3年で辞めちゃう理由はその病棟の師長さんは、「新人の子は2−3年くらいたつとNP/CNSを目指して学校探しをしてここから通えないところの学校にいくことがおおく引っ越してしまう」といっていたよ。でも忙しくて他を探すというのもあるときいたのでそこは日本のいっしょかもです。
    • moko
    • 2010/06/07 12:48 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック