<< テニス〜プレーオフ進出?! | main | プレーオフ決定?! >>
2011.11.14 Monday

CGFNSの申し込み

0
     先日書いたCGFNSCommission on Graduates of Foreign Nursing Schools)は、ようはアメリカ以外の国で看護教育を受けて看護師免許を取得した人が、アメリカの看護教育と同等の教育をうけてきたかを審査する機関。

    今回その申し込み代(審査代)金は$335だった。

    前にこのプロセスが必要であることが判明したときにボスに
    「時間もお金もかかる」と報告したら

    「お金は申請したらreimburseするよ」とあちらから行ってくれた。

    こちらではReimbursement(返済)という言葉はよく使う。

    学会等の参加費交通費等も、申請するとReimbursementを雇い主から貰える事が多いし、
    必要な資格等を取得するのにかかった申請料も申請するとほとんどの場合Reimbursementがもらえる。
    それらのお金は、その病院・会社等の必要経費として個人に返金してくれるというシステム。

    今回の私の申請も病院として必要経費だからとあちらか案をさしだしてくれた。

    病院にもよるけれども、アメリカではこのシステムが普通なところが多い
    日本で看護をしてきた私にとっては最初それがすごく驚きでかつとてもありがたい事に思えた

    日本で働いていた時は、お金どころか自分の休日をつかって学会等にでたりセミナーにでたりしていた。病院側が払ってくれるシステムもあったけど、その場合は3年辞めてはいけないとか、いろいろと縛りがあった。。。。。。

    社員(ナース)が学会に出たり、学校にいったりして勉強していくことは
    雇用主(病院)にとってとてもプラスになる事だと思う
    出費にはなるけれども、それによってよりよいもの(=ケア&経営)を生み出すことに
    つながるのであれば、それも必要経費だという考えにとても賛同する

    そうすることで、社員(ナース)の意欲も

    少なくとも私はこのシステムにとても感謝し、より多くのものを還元できたらと考えますね〜




    コメント
    はい。
    あほみたいなところで、働いてます。

    学会参加、全部自費だし、自分の休暇を使っていくのに文句言われたり、渋られたりしてます。

    日本って、マグネットホスピタルにはほどとーーーーーーーーーーい。w
    • chizu
    • 2011.11.19 Saturday 14:11
    chizuちゃん
    自分の休暇を使っていくのに文句をいわれたらたまらないね。。。。休暇を取るのは皆お互い様だし、そこで助け合っていけなかったらチーム医療をする上で大変だよね。。。。学会にいったりすることで、チーム全体にとっても病院全体にとってもいいことって思って文句が少しでもすくなくなったらいいなって。
    日本も少しずつそういう病院が増えているのかな?それとも、10年前くらいとくらべてかわっていないのかな?外の国で可能であれば、日本でも出来るはず。今度また作戦会議たてよ〜!!
    • moko
    • 2011.11.19 Saturday 15:17
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    recommendation

    看護留学へのパスポート (シリーズ日米医学交流No.16)
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM