<< Sweet Home Cafe in ホノルル | main | 高額ながん治療薬 >>
2013.02.23 Saturday

ハワイがんセンター

0
    今日は私が勤めるCancer Centerのオープニングセレモニーがありました
    オーシャンビューのカカアコ地区にあたらしいビルが完成
    去年いろいろな部署がすでに引っ越しをすませています
    今日は一般のかたや、地域のハワイがん連合体の方々へのお披露目日

    昨日まで大雨だったのが嘘のようにハワイに青空がもどり
    オープニングに最高の一日となりました

    オープニングセレモニーの始めはディレクター等からスピーチが

    ハワイらしく、そんなセレモニーはお庭でやられました

    私がアメリカにきた当初、Cancer Centerの違いにおどろきました
    日本にいるときはがんセンター=入院施設&外来施設が充実した病院
    というイメージだったのですが、
    アメリカでがんセンターというと、外来や治療センターのみで、
    あとは研究をするラボが備えられているところが多いということ

    サンディエゴで働いていた州のがんセンターも入院病棟はなく
    infusion centerという外来の治療センターと、クリニック&検査室
    そして、リサーチをするラボがありました

    今回のハワイのがんセンターは、通常ある外来の治療センターもクリニックや検査室も
    ないところが特徴的
    ハワイ連合体の趣旨にあるように、地域に根付いたがんセンターということで
    治療や診察自体は地域でやるというコンセプト
    がんセンターで働く医師は皆地域の病院に勤めててそこで患者さんをみます

    このがんセンターがハブになり、ラボでの基礎研究をすすめ
    そして、地域で臨床試験をおこなっていくという形です

    というわけで、私たちの臨床部門は、患者さんにより近い場所にいたほうが便利なので
    このあたらしい建物にはひっこさず、以前とかわらず病院&クリニックの近くのオフィスで
    ひきつづき臨床試験をおこなっています

    さてさて、今日のオープンハウスの様子ですが
    お庭には、皮膚がんを無料でみてくれるブースなどなど沢山のブースが

    巨大な大腸も登場!

    中をとおり、実際にがんはどういうふうにできているか
    トンネルをとおることで子供達がみることができました

    運動はがん予防にもいいということで
    お庭ではズンバダンスがされて、音楽をきいているだけで楽しい気分に☆

    室内ではscience fairがあり、そこにも沢山のブースが

    私は、部署の仲間と協力しtarget therapy(分指標的薬剤)についての紹介を
    しました


    大人達は学び、子供達はあそべるようにと
    がんのオブジェをつくったんです!

    子供用のテントに風船を上に沢山つけて、がんのようにモコモコさせ
    そのがんに栄養をおくる血管を作り
    その血管のなかに、子供達がはいってあそべるようになっています

    子供達には想像以上に人気があり、何度もはいってでたり
    中がきにいってでてこなかったり。。。

    大成功でした

    他のブースでは、体脂肪率をはかってくれて

    死亡率とがんがどのように関係しているか
    栄養のとれた食事ががん予防にいかに大切かという説明が

    お隣のブースもとても興味をひきました。
    題名はCorals and Cancer=珊瑚とがん

    ある珊瑚の中にある物質ががんの治療薬になるという発見があり
    その研究をされている生物学者のかたのポスターでした
    ハワイの東海岸にあるラニカイビーチでダイビングをしてその珊瑚礁をとり
    物質をとりだしているそうです
    まだ、人につかわれるまでには時間がかかりそうですが、今のところ基礎研究では
    いい結果がでているそう

    そんな興味深い基礎研究がこのがんセンターのラボで沢山おこなわれていることも
    実際に今日オープンハウスでボランティアをしてしることができました

    日本にいたときは、基礎研究についてとってもうとかったしあまり関係ない世界のように
    おもっていたのですが、
    最近はその基礎研究の発見の御陰で薬の開発、より効果のある薬ができるんだと
    興味&感謝の念をもち身近に感じるようになりました

    今後は、このがんセンターで、ハワイのがん患者さんにもっとベネフィットがでるように
    予防からはじまり、治療(臨床試験)をもっともっと広げていくプランです

    私も臨床ナースとして、患者さんが安全に安心して臨床試験がうけれるように
    学びをふかめつつとりくんでいきたいとおもいます

    (手前ががんセンター。奥にあるのが、University of Hawaiiの医学部です)

    Mahalo




    コメント
    はじめまして。

    私はハワイの大学院でFNPになるために今学んでいます。将来oncologyのNPになりたいので、クリニカルで指導してくれる人を探していたら、mokoさんのブログに辿りつきました。

    OncologyのNPになりたいと言ったら、よく「hospiceで働きたいのね〜」って言われるのですが、それに反論できるほど、oncology のNPが何を実際にやっているのか説明ができません。どんな仕事をされているか、宜しければ簡単に教えてもらえないでしょうか?
    • ゆうこ
    • 2020.10.03 Saturday 17:15
    ゆうこさん
    初めまして、コメントいただきありがとうございます。
    ハワイの地でOncology NPを目指しているとのこと、嬉しく思います。
    ハワイのオアフ島ですと、クイーンズやhawaii cancer careやカイザーなどに自分がお世話になったoncologistやOncology NPのかたがいます。
    Oncology NPとして今どのような仕事をしているか、ちょうど来週から7回に分けて書きたいなと思っていたところだったので、もしもよかったら見てみてください。
    ご質問がありましたらいつでまたコメント頂けたら嬉しく思います。
    FNPプログラム大変なこともたくさんあると思いますが、応援しています!
    • moko
    • 2020.10.04 Sunday 12:47
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    recommendation

    看護留学へのパスポート (シリーズ日米医学交流No.16)
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM