recommendation

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

アメリカの保険制度

0
    アメリカの医療&保険制度。。。。。。

    アメリカの医療はある視点からみたら効率的かつ進んでいるかもしれない
    最新の医療を提供している

    BUT

    看護師としてケアをする立場から
    自分が患者になった立場から
    アメリカの保険制度は”高い”&”非効率”かなと思う
    患者の立場にあったものではないなと日々思うのです。
    お金があればいい医療がうけれる。
    お金があればいい保険制度

    アメリカの保険は65歳以上または障害をもった方は国のMedicare(メディケア)がうけれます
    国の一定レベルに満たない低所得者は国のMedicaid(メディケイド)の保険に入れます

    それ以外の多くは、勤めている会社を通して保険に入る場合がほとんどです
    自分自身アメリカにきて、かれこれ3つの会社に勤めました
    働き始めて最初のオリエンテーションで保険をどれにするか選ぶという過程があります
    プランによって値段が全然ちがってきます

    基本は
    PPO (Prefered Provider Organization) HMO (Health Maintenance Organization)
    PPOは、自分の好きなドクターに専門医にかかれる保険
    HMOは、なにか問題があったら家庭医にかかりその家庭医に専門医を紹介してもらい
    かかるというもの

    例をだすと、もしも呼吸が苦しくなって呼吸器の医師にみてもらいたいとおもったときに
    PPOの保険をもっている人は、自分で呼吸器の医師を探し直接電話をして予約をとることができる
    一方でHMOの保険をもっている人は、まず家庭医の予約をとり、家庭医にみてもらい
    そこから紹介してもらって予約をとるので時間がかかるというもの

    普通にかんがえたらPPOがいい
    でも、月々にはらう値段はPPOは高く、
    大部分の人がHMOの保険に加入している現状

    何回かに分けてアメリカの保険についてハテナとおもう部分
    葛藤していることundefined
    についてかていみようとおもうundefined
     





     



    コメント
    はじめまして。ハワイにいらした時からいつも楽しく読ませていただいています。こちらのブログに出会ったのは毎年数ヶ月ハワイ滞在中にテニスの情報を集めたかったのがきっかけです。ところが今月夫の仕事で私もLAに引っ越してきました!今一番心配なのが医療費のことです。まだ保険も選んでいません。免責額を低くするべきか、高くして保険金を節約するべきか。このトピックは絶好のタイミングでした。続きを心待ちしています。
    • Rodent
    • 2015/12/30 1:47 AM
    Rodentさん
    ブログに足を運んでいただきありがとうございます。
    ハワイで毎年数ヶ月滞在されていたとのこと
    LAにお引越しされたとのこと、どこかですれ違っているかもしれませんね!
    保険のこと医療費のこと今後も自分自身学び、その学びを少しずつあっぷしていけたらとおもっています。2016年もどうぞよろしくお願いいたします。
    • moko
    • 2016/01/01 6:58 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック