recommendation

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

夢を抱いて

0
    この間の週末新たな出会いがあった
    moko姉から連絡があり、一緒に働いていたナースYさんがアメリカ看護師免許取得をめざして
    今月から渡米するとのこと
    しかも、その渡米先がロスハート

    何度かメールを交換
    メールからも、渡米への夢やワクワクがつたわってきて
    こちらまでワクワクしてきたきらきら

    Yさん到着は日曜日予定
    その日は1日サンディエゴで予定があったのだが
    前日大雨がふり、その予定も延期に

    丸一日予定がなくなり、Yさんを空港まで迎えにいった
    待っている間、自分が初めてアメリカにおりたった10年前をおもいだしていた
    この10年いろいろあり忘れてしまったこともたくさんあるけど
    渡米1日目はすごく鮮明におぼえている
    どこのレストランにいって、なにを食べて、どこのスーパーにいって
    なにをかったのかも覚えているほど

    Yさん、あって話していて、なんだか初めてあったかのように
    感じない空気や波長が♪

    それもそのはず、大の運動好き
    中学はバスケ、高校&大学そして社会人になっておサッカーをバリバリやっていたと筋肉
    アルティメットにもすぐに興味をもってくれ
    なんとおりたった1日目、ビーチでスロー練笑
    はじめてなのに、バックハンドもフォアもなげれるではないか〜すごい!
    そして、話していて同じ干支ということも判明

    極め付けは、私が10年前にポートランドで所属していたプログラムの担当者のJを
    しっているではないか
    で、蓋をあけたら、自分の10年前にかかわったことがある
    日本の某大学から毎年そのポートランドの大学に学生さんが短期留学という
    プログラムに参加し、それが留学という夢にふくらんだとこと
    というわけで、ポートランド時代の友人のこともYさんはしっており
    びっくりびっくり

    SMILY「渡米は大学生のときからの夢だったんです。」と
    自分自身、いつか留学してみたいなという夢がふくらんだのも
    オーストラリアへ大学生のとき短期で留学したのがはじまり
    まだそのときは、その夢も種で、茎も葉っぱもでていない漠然としたものだった
    でも、少しずつその夢も大きくふくらんでいき、一歩一歩今にいたる

    Yさんと出会い自分の原点を振り返ることができた

    Yさんを紹介してくれた姉にMahalo
    夢をいだいて渡米してきたそのYさんのパワー&アクションに
    そして出会いにMahalo


     



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック