recommendation

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

新たな挑戦にむけての辞職

0

    アメリカにきて11年

    渡米当初は、大学院を卒業したら日本に帰国する予定だった

    それが、もう少し学びたい、もう少し働いてみたいという思いであっという間に11年

    こうして、ここで今好きながん看護ができるのも、支えてくれた家族や友人、職場の皆様のおかげ

     

    ここにきて、新たにチャレンジしたい山がみつかった

    1年ほど前からその山にのぼってみたい

    頂上を目指してがんばってみたいというおもいがつのった

    その話は、今度かくとして。。。。

    その山を目指すため、

    あと4週間で2年間勤めた今の職場を退職することになった

     

    地域に根付いた、がんクリニック

    小さながんクリニックだが、ロスのなかで規模を拡大し、成長している

    そのクリニックで、たくさんの臨床試験を提供するのが自分が託されていたプロジェクトだった

    そのため、ハワイからロスに自分をよんでくれたCEOには心から感謝しているハート

     

    地域のがん患者により最新の治療を提供したいと熱いパッションをもっているS医師

    たくさんの期待を会うたびに伝えてくれて、様々なことを教えてくれたきらきら

     

    がんのナースプラクティショナーのL

    患者さんだけでなく、一人一人のスタッフを大切にしてケアしてくれた

    一人一人のスタッフが職業人として成長できるように、いつも両手を広げてサポートしてくれた手

     

    スタディーチーム

    この同僚だからこそ、がんばりたい、一緒にいい臨床試験を提供したいと一体となれた

    一緒に働けて幸せだったお願い

     

    インフュージョンチーム

    医師、ナース、メディカルアシスタント、フロントデスクの人たち

    毎日月曜日から金曜日まで共に働く仲間

    がん患者さんの診療・治療にあたった

    日々お互い助けあい、いいたいことを言い合い、笑い合い、

    一緒にすごす時間も多く

    同僚を超えて家族に近い存在になっていたキラキラ

     

    そんなチームの皆に辞めることをいうのはとてもいいづらいことだったパンダ

    本当は辞める前2週間に言えばいいのだが、おもいきって4週間ちょとまえにまずはCEOに伝え

    先週の金曜日から昨日にかけて、自分の言葉で一人一人に報告とお礼を伝えた

     

    皆残念だーというだけでなく、次々に励ましの言葉heart

    ポジティブな言葉

    山を登るのを押してくれる力強い言葉

    「カリフォルニアの家族はここにいるからいつでもかえってきな」と暖かい言葉

    「全てのことは、一時しかつづかない、永久につづくものなんてない、だったら思った時にチャレンジしつづけてほしい」

    「あなたのケアを必要としている人がもっとたくさんいるから」

    「次のポジションを準備しておくから、返ってきてほしい」

     

    などなど。。。。。

    心に、彼らの率直な応援、励ましの言葉が染み渡り

    心が震えてうれし涙がでてきた涙

     

    この職場があったからこそ、次の挑戦したい山に出会えたグッド

     

    ボスに、同僚に

    出会えた患者さんやそのご家族に

    心からmahaloありがとう

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック