recommendation

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

夢に向かって新たなチャレンジ

0

    がんと闘う患者さんたち

    がんと共にいきるのを近くで支える家族やケアギバーのかたたち

     

    この2年間、患者さんとみっちり関わるなかで

    学んだこと、そしてみえてきたことがたくさんあったひらめき

     

    そのおかげで、自分がやりたい、めざしたいものがクリアになった!!

     

    治療がきいていても、がんそのものからそしてその治療がひきおこす

    多くの症状に苦しんでいるがん患者さん達

    痛み、吐き気、神経障害、味覚障害、食欲不振、不眠、不安、鬱。。。。。。

     

    「食べたいのに食べれない。いきる楽しみがなくなった」

    「吐き気がひどくて、なにもできなくて。吐いても吐き気がとまらなくて苦しい」

    「便が5日もでなくて。。。かきだしたい」

     

    などなど、症状の訴えは本当にたくさんある

     

    そして、その患者さん達は、がんだけではなくたくさんの併発疾患を抱えている

    それがからまりあって、それらの症状もコントロールが難しくて一筋縄にはいかない

     

    そんななかで、もっと他の疾患についての知識やスキルをアップさせたい

    症状コントロールについて学びたいという思いが強まり

    以前通っていた大学院のポストマスターズに願書をおくったのがこの1月

     

    ポストマスターズとは、大学院をでたひとが、ほかの資格をとるために、足りない授業のみをとれるコース

     

    私は以前、がんのClinical Nurse Specialist(専門看護師)でコースをでた

    今回は、Adult/Gerontology Primary Care Nurse Practitionerのコースを選んだ

     

    以前とったコースと今回のコースで、いくつか共通のクラスがあって、すでにとっているものは

    取らずに残りのクラスをとり、ナースプラクティショナーになるための実習に500時間が必須となる

    で、プラスでPalliative care minor course(症状緩和ケアのコース)を選択する予定

     

     

    今週から、受け持ちの患者さん一人一人にあと2週間でこの仕事をさることを伝え始めた

    「さみしいけれども嬉しい報告。

    大変だからこそ、得れるものがあるもの。mokoなら大丈夫。

    がんばってきてね」

    と応援してください患者さん達の言葉は、とても強い力になる

     

     

    新たに学べるチャンスをいただけたことに

    新しい出会いのチャンスに

    応援してくださる皆様に

    心からmahalo

    ↑この間新しく住むアパートを探しにいったときに、写したキャンパス

    相変わらずの霧がむかえてくれました〜

     




    コメント
    いろいろお土産ありがとう。連絡が遅くなりました。
    築地が火事で、井上(ラーメン屋)も被害あったようだよ。残念。
    • ずんた
    • 2017/08/05 7:18 AM
    ずんたさん
    どういたしまして〜連絡ありがとう。次回はメールでよろしくね!
    築地の火事のことしらなかったよ。大好きな井上も焼けてしまったとは。復帰できることを祈っています。
    • moko
    • 2017/08/06 3:49 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック