recommendation

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

categories

archives

仕事の面接

0

    この週末は引越し予定のサンフランシスコで4日間過ごした楽しいプチトリップ

     

    まるで自分のお家に帰ったような錯覚になるくらい

    いつも温かく(じんちゃんも含めて)むかえてくれる、

    気心知れた親友ファミリーのお家にお世話になった家

     

    今回の主目的は、住む場所を見つけることだった

    で、先日仕事の電話面接があり、師長さんに

    女「近いうちこちらのほうにくることが会ったら直接面接をしたい」

    といっていただき今回のプチトリップ中に仕事の面接もはいった

     

    今後2年間の一番のプライオリティーは学校での勉強

    でも、その勉強も患者さんあってのもの

    今回、もう一度勉強してみたいとおもったのも、

    なによりも直接うけもった患者さんのおかげ

     

    というわけで、自分にとって看護師として看護を続けていくことが大きな芯

    でも、フルタイムスチューデントなので、フルタイムで働くことはきつい。。。。

     

    学校からの皆への手紙にも

    「学生をしながら働くひとは、

    週に16時間から20時間がマックスで、それ以上働くと学業に支障を持たらす危険がある」

    というアドバイスがかかれていた

     

    というわけで、今回はPer Diem(パーディエム)という単発でフレキシブルに入れるポジションに応募

    Per Diemパートタイムとは違う

    パートタイムだと、週に20時間かだったり、働く時間がきまっている

    そのかわり、週に20時間以上働くと、ベネフィット(保険、有給、病気休暇etc...)がつく

    それにくらべて、Per Diemはベネフィットが全くつかないかわりに、すごくフレキシブルに働けるのが利点

     

    もしも学校が忙しくなったら、週に一回にできたり、

    学校が休みのときは週に5回入れたりと。。。。

    突然旅行とかで週5週休むこともできる

    病院によっては、ひとが足りているから、こなくてもいいといわれることもあるようだが

    私が応募した大学病院は、今がんセンターを拡大しているところでとにかく毎日ひとが足りず

    Per Diemにどんどん入ってもらっているとのこと

     

    ベネフィットが全くないので、働かないと収入が全くはいってこないが、

    学生で授業や実習が不規則にはいるので、このフレキシブルなシフトが魅力で

    がんセンターで2つのPer Diemポジションに応募した

     

    普通は、2つの場所でばらばらで面接をするところだが、

    遠くから来ていて日にちがないとうこちらのわがままを聞いてくれ

    応募した部署の師長さんが3人皆きてくれた

     

    というわけで、師長さん3人対自分の集団面接

    なんとその3人中2人は、過去のプロジェクトであったり、メールで電話でやり取りをした方たち

    女「あらーあなたあったことあるはね〜」

    と部屋に入った途端にいわれ、

    全く緊張することなく終了

     

    ありがたいことに、どちらの部署からも

    「あなたにうちで働いてほしい」とその場でいっていただいた拍手

     

    結局、スケジュールが一番フィットするほうのPer Diemのポジションに決定

    面接終了後すぐに「これから採用プロセスが始まるので、その担当者を紹介するわ」

    と、人事の方を紹介していただいた

     

    仕事も無事にきまりホッと一安心

    やりたい場所で

    がん患者さんに看護が続けられるこのチャンスに

    心から感謝

    mahalo




    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック