recommendation

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

仕事&学校スタートに必要事項

0

    今回仕事の面接を受けたのが、8月14日

    ありがたいことに面接中に、即仕事のオファーをいただけた

     

    女「いつから働ける?!」by 師長さん

    8月26日に引っ越してくるので、その後だったらいつでも働きだせます!

    と師長さんに伝えた

    女「これから、HR(人事)の審査&書類手続きが始まって、

    だいたいそれに2−3週間かかります」

    と。

     

    結局仕事が開始できたのは、9月19日=5週間

    どんな審査があったかというと
    たくさんある中で、アメリカ特有だなとおもうのが下記2点downdowndown

     

    1Background Check(素行歴)

    簡単にいうと、犯罪歴の調査

    これは、もちろん自己申告ではだめ

    しっかりした調査書が、職場に直接セキュリティー会社から書類がおくられる

    なんと、大学院に入るときもこれが必要で、

    今回6月の末に大学に提出をしてクリアになっていたので、職場に

    「学校にだしてclearになっているので、これはやらなくてもいいか?」と交渉したところ

    嬉しい「病院の必須項目はもっと厳しいのでもう一度やらないといけません」と。

    ということで、リピートしなければならなかった

     

    6月の末にあって、8月の末なのでその2ヶ月でなにかあるかもしれないという心配もあるから

    だろうけど、とにかく厳重

    なにもしていないのに「犯罪歴をしらべます」となると、なんだかドキドキしてしまう

     

    そしてふたつめが。。。

    2Drug Test

    違法薬物を使用していないかの検査

    これは、尿検査で行うのですが、これもすごく厳重

     

    指定された検査室にいき

    まず、カバン&携帯などすべての持ち物を鍵付きのロッカーにいれる

    ポケットのなかもチェックされ

     

    トイレに入ると、便器の中の水に青い液がはいり、青色になっている

    これは、尿を採取し水をいれて希釈して薬物の濃度を下げるのを防止するため。。。

     

    そして、トイレの手洗いの水も出ないようになっている

    これも、手洗いの水で希釈するのを防止するため。。。。

     

    カップを検査官に渡し、ラベルにサインをし、

    すべての過程が終わるまで手を洗ってはいけない

     

    とにかく厳重

    ここまで厳重だと

    薬物は一切使用したことがないし、出てこないのはわかるのに

    なんかドキドキする

     

    このDrugテスト、もちろん?!大学院に入るときも必須項目

    で、犯罪歴と同じく6月末におこなっているので、その結果を使用できるかきいたら

    やっぱり「必須なので」という答えが

     

     

    先日、ロスにいるときに大きなニュースになっていたのが

    ロスの有名な大学の医学部の学部長だったハーバード出身の医師が、長年にわたり違法薬物を使用していたことが

    明らかになったこと

     

    若者に混じり、薬物パーティーにいったり、薬物中毒になった若者を病院につれていって

    その後、また同じパーティーにもどったり、

    自分の医学部の学部長室で、薬物仲間と薬物を使用していたりと。。。

     

    それらの写真が大量にでてきて明るみになりニュースで報道されていた

    その直前まで、医師としてもロスで有名な病院で働いていた。。。。

     

    そんな、ニュースをみていただけに、

    犯罪や薬物を確認しないといけない病院や学校側のプロセスも理解できる

     

    それらの項目がすべてclearになった後も

    たくさんのチェック項目

    ミーティングがあり、

    5週間後にやっと仕事を開始することができた

     

    すべて問題なくおわり

    学校も

    仕事も無事に開始できて一安心

     

    Mahalo

     

     

     

     

     




    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック