recommendation

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

多様性を重んじる

0

    毎年この時期、日本のがん専門看護師さんの研修プログラムを担当している

     

    そのプロジェクトが今年も無事に終わりホッと一安心

    Satもボランティアで全力でサポートしてくれて感謝の言葉をいくらいっても言い足りない

     

    終わってみていろいろと振替りよかったことや反省点を自分なりに考えている

     

    たくさん学びがあった中で、一番印象的だったこと↓

     

    自分が現在働いている職場にも今回の研修でいき、師長さんと研修生のミーティングがあった

    今働いている職場は、今まで働いてきたどの職場よりも最高に働きやすい

    それも、職場環境&風土&雰囲気がよいからだと思う

    どの人と働いても気持ちよく働ける環境に日々感謝している

     

    今回の研修で、皆で「Healthy」な職場と、「Toxic」な職場に環境について皆で話をした

    前者は、言葉通り「健康的な」職場で、

    後者は人間関係やなにかが悪く、トキシック毒々しく不健康な職場

     

    今の職場の師長さんはここで師長さんとして働き10年が経つ

    どうやって、このHealthy(健康的)な職場環境を作り上げたかミーディング中聞いてみた

    鍵は「diversity=多様性」と聞いて、すごく納得した

    10年前に師長さんとしてきたときは、なにかどこか色々な意味で「単一」だったそう

     

    アメリカでは、病棟の師長さんが直接、志願者と面接し採用を決定する

    この師長さん「スタッフ選びには、すごくこだわった」と

    なるべくdiverseになるように

     

    Diversity(多様性)は、肌の色もあり、それだけではない

    第一言語も様々だったり、経験も様々だったり、年齢も、やりたいことも、趣味もいろんなことが違う人たちが集まる

    違うからこそお互いを尊重しあえる

     

    患者さんも、いろいろな国の人や言語、バックグラウンドが違う様々な人がくる

    その多様性に対して、多様性からなるチームでアプローチするからこそうまくいく

    そうすると、チームとしてさらによくなるという良い循環

     

    日本という、同じ肌の色、同じ言語を使用する国で生まれ育った自分

    その国をでて、海外で働く自分は異色の立場

    州によっては、アジア人だからと英語が片言だからと差別をうけてしまうところもある

    なので、この地で差別を感じずすごせることがどれだけありがたいことかと

     

    働きやすい職場

    健康的な職場

    多様性が、お互いを尊重し合う職場を生む

    そんな環境に

    師長さんに心からmahalo

     

    ↓上記の話を振り返り、ハワイの虹を懐かしくおもいだした

    7色のカラーがあるからこそ、

    いろいろなカラーが合体して綺麗な虹が生まれる




    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック