<< バーチャルカンファレンス | main | インフュージョンリアクション >>
2020.05.05 Tuesday

プライマリーケアの知識

0

    サンフランシスコでShelter in place=外出禁止令が発足されて、早7週間

    建設業や、いくつかの外での運動が昨日から解禁されたが

    外出禁止令そのものは、5月31日まで延長となった

     

    自分が働く大学病院では、

    がんセンターの外来の診察の70%くらいが、ビデオ診察に切り替わった

    がんセンターだけではなく、そのほかの診療科も緊急しか受け付けていなかったり

    プライマリーケア(一次医療・家庭医)も、症状が軽少な場合は、ビデオ診察

    か予約が取れなくなっている

     

    その状況の中、自分が働くがんの外来治療センターでは、

    がんの治療や、症状緩和のケアを必要とする患者さんが毎日通院されている

     

    ナースプラクティショナー(NP)で働き出し

    3ヶ月経ち、少し慣れてきた時に

    Covid19が、パンデミックが起こった

     

    担当の看護師が点滴治療の前に、検査値や症状をアセスメント

    そして、そこで異常があった患者さんがいると報告を受け

    自分が診察するという流れになっている

     

    先に書いた状況のため

    この7週間、いつも以上によく診察の依頼を受けるようになった

    例を挙げると

    「吐き気が止まらない」「めまいがする」「血圧が高い・低い」

    「頭がいたい」「湿疹が出ている」「足のむくみが取れない」「飛蚊症のようなものが目にチラチラする」

    etc....本当に様々

    がんや治療から来るものもあれば、それとは全く関係なくおこっている症状もある

    治療前に、ビデオ診察を担当の医師やNPから受けている時もあるが、

    ビデオ診察で言い忘れてしまったことも報告を受ける

     

    そんな中、NPプログラムでプライマリーケアを習ったため

    それがとても役に立っている

     

    昨日も、がん治療にきた患者さんが

    「右耳が昨日から痛くて。。。いつもなら耳鼻科に行って薬を出してもらえるのに

    緊急しかみてもらえないから。。。」と

    担当の看護師からその訴えを聞いて、耳の診察をオトスコープで行なった

    結果、感染兆候がみられなかったので、薬の処方はしなかったが

    患者さんは、耳を診察してもらって安心したと

     

    コロナは本当に長期戦になりそう

    一日一日

    自分ができることを精一杯やっていこう

     

    <番外編>

    休日の癒し一つ目↓

    じんちゃんとSatと皆でジョギング

    休日の癒し二つ目↓

     

    Satが私の休日に合わせてホットケーキやカフェメニューを作ってくれる

    今日は、大好物のさつま芋蒸しパン

     

    おかげでパワー全開

    明日も頑張ろう!

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    recommendation

    看護留学へのパスポート (シリーズ日米医学交流No.16)
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM