<< インフュージョンセンター in the U.S | main | がんナースプラクティショナー の役割その2 >>
2020.11.01 Sunday

がんナースプラクティショナー の役割その1

0

    がんナースプラクティショナー in Infusion Center(通院治療センター)の役割について、

    7回に分けて書いていきたい

     

    あくまでこれは、自分自身がインフュージョンセンターで仕事をしている中でまとめたこと

    そしてこれから極めていきたいなと思っている7つのこと

     

    なので、教科書や協会から打ち出されていることとは少し違う

    し、病院や働いている部署によりNPの役割は少しずつ違う

    ことはご了承いただきたい

     

    がんナースプラクティショナーの役割その1

    →『患者さんががんの治療を安全に受けれるようにケアを提供する

     

    治療方針は個々の患者さんの担当医師がまず決定する

    そして、その治療が点滴によるものであれば

    Infusion Centerの予約をとり治療が開始となる

     

    がん治療計画は、電子カルテに入っていて

    毎回、プロバイーダー=医師、NP、 PAがサインをしなければならない

     

    当院では、一番最初の治療のオーダー(指示)は主治医がサインしなければならないが

    それ以降は、NPがサインしてもいいことになっている

     

    がん治療のサインは、医師・NP共に、この病院で働き始めて6ヶ月は

    一人ではしてはいけないことになっている

    他の医師が必ずレビューするCo-signatureが必須

     

    それくらい、がん治療薬のサインは責任重大

     

    治療薬のサインをする時は

    それぞれの患者さんにあっている容量であるか

    副作用が強く出ていないか?

    出ている場合は、その日治療を受けれるか?

    それとも容量を減量するか?

    副作用を軽減する、予防するための薬が入っているか?

    全身症状はどうか?

    などなど、問診とフィジカルエグザミネーション(視診、触診、聴診、打診)をもとにアセスメントし

    採血検査や他の検査所見も踏まえて

    治療を遂行できるか決定しサインをするプロセス

     

    なにか異常がある場合は、担当医に連絡し

    相談しながら行っていく

     

    診察をしていく中で患者さんから

    治療薬について、作用機序、副作用について、何サイクルやるかなどの質問を受けることは

    多々ある

     

    最近は、COVIDの影響でで担当のプロバイダーとは、ほぼビデオ診察になってしまったこともあり

    治療方針を聞いたけれども、忘れてしまったり、質問をし忘れたりすることが多々ある

     

    生身の人に会って話を聞くのと、テレビ画面を見ながらだとなかなか同じようにいかない

     

    そんな中、患者さんは

    Infusion Centerで治療を受けていると、長い治療だと5時間ー8時間かかることもあるので

    その間、色々と考えることができ、新たな質問が出てくることがある

    その場合はナースに呼ばれ、患者さんのベッドサイド・チェアサイドに行き話をしにいく

    必要であれば担当医や担当のNPにメールをし、患者さんの思いや質問を共有することもある

     

    自分の今のInfusion NPの役割は

    がん治療の方針を決定する立場ではないけれども、

    新しい治療薬についてアップデートしていく必要がここにある

     

    というわけで、今週末も土日、オンライン学会があったので、聴講した

    様々ながんの最新の研究結果がまとまっていて、

    とても勉強になった

     

    がん治療薬についての情報は

    今の時代ネット検索するとたくさん出てくる

    が、必ずしもその情報が正しいとは限らない

     

    がんナースプラクティショナーの役割その1

    患者さんの話をしっかり聞き

    より正確な情報を伝達し

    少しでも治療中の患者さんの不安が軽減できるようにすること

    そして、より安全にその治療が遂行できるように、

    各診療科の担当医、担当NPと協力して、対応していく

     

    その役割を果たすために必要なこと

    • 問診のスキルの向上
    • フィジカルエグザミネーションPE(視診、触診、聴診、打診)のスキルの向上
    • 問診、PE、検査結果をもとに客観的に的確な判断をする判断力を向上
    • 最新治療薬、治療方法についての常にアップデート、そしてより簡単に理解できるように説明する
    • 担当チームに、簡潔に伝達するスキルの向上
    • 患者さんの不安を少しでも取り除けれるようにコミュニケーションスキルの向上

     

    まだまだ課題たくさん

    頑張ります!

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
    recommendation

    看護留学へのパスポート (シリーズ日米医学交流No.16)
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM