<< がんナースプラクティショナー の役割その1 | main | がんナースプラクティショナー の役割その3 >>
2020.11.07 Saturday

がんナースプラクティショナー の役割その2

0

    前回に引き続き、

     

    がんナースプラクティショナーの役割 (@ infusion center)その2

    →『急性期・緊急患者の対応&ケア

     

    Infusion Centerで仕事をしていると

    予定していたこと以外の様々なことが起こる可能性がある

    それは、治療中にはリスクとしてつきもの

    「リスク」は0であることが理想だけれども、

    可能性は低くとも起こる可能性があるので、常にスタンバイしている必要がある

     

    Infusion Centerでは、MD(医師)はいないので、

    RNから報告を受け、NPがそれらの対応に当たる

     

    それでは、

    急性期・緊急のケース @ infusion centerとは?!

     

    1. INFUSION REACTION(点滴剤注入反応)

    どんな薬にもつきものなのがこのInfusion reaction

    体が薬に反応し、点滴開始直後か少し経ってから

    皮疹、痒み、呼吸苦、咳、胸痛、吐き気、下痢、腹痛、背部痛etc...

    などが突然起こる

     

    軽度のリアクションから、

    重症だとアナフィラキシーショックが起こる可能性がある

     

    それが起こると必ず呼ばれ、

    すぐに患者さんのところに駆けつける

     

    診察をし、そのリアクションの程度により、薬を投与し

    必要であれば、酸素吸入も開始する

     

    そのリアクション反応がなくなり、回復後

    その薬を再開するかどうかは、NPが担当医師に連絡し決定するというのが一連の流れ

     

    リアクションが回復した後、患者さんに説明を行う

    その経験をしている患者さんは

    たとえ軽度であってもすごく怖い思いをしているので

    再開する際、必ず確認するのが患者さんの思い

     

    リアクションは、RN(看護師)だった頃もNPになった今も、

    何年経験してもいつも緊張するけれども

    そのリアクションが、なるべく起らないように予防できるように

    個々の患者さんの治療計画を見直し

    起こったら迅速に対応・ケアを行う

     

     

    2. EXTRAVASATION(血管外漏出)

    抗がん剤の種類によっては、血管外に薬液が漏れてしまった時に

    組織に損傷を起こさせてしまうことがある

     

    できるだけ予防するように、色々な対策が立てられているが

    起こってしまった時は、すぐにアセスメントし、必要であれば

    組織へのダメージを軽減させるために薬を注入するときもある

    それらは、病院でガイドラインがあるので

    薬剤師さんと相談しながら対応する

     

     

    3. の他の急変患者さんの対応

    Infusion centerでは様々な急変が起こる

    本当に様々で、例を挙げると胸痛・呼吸苦の増強・発熱・痙攣・精神状態の変化etc...

     

     

    自分が今働いているシフトは、一日10時間シフトか12時間シフトで

    その間休憩を午前15分、お昼30分、午後15分計1時間取ることが義務付けられているが

    いつどんな急変が起こるかわからないので、

    自分はよっぽど大丈夫なとき以外は、infusion centerを離れず、

    お昼ご飯もパソコンの前でオフィスで食べるようにしている

     

    先週は、infusion reactionが立て続けに起こった時があり

    トイレに入っていた時に「Where is Moko?」と自分を探している声が聞こえ

    急いでトイレを済ませて患者さんのところへかけつけたこともあった

     

    がんナースプラクティショナー(@ infusion center) の役割その2

    患者さんの急変・急性期の様々な状況に対応し

    その時ベストなケアを提供し、

    チーム一団となり心身の苦痛の経験に務める

     

     

     

    <番外編>

    じんちゃんが辛抱強くみている先には↓

    大好きなリスさんが!

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
    recommendation

    看護留学へのパスポート (シリーズ日米医学交流No.16)
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM