<< がんナースプラクティショナー の役割その3 | main | がんナースプラクティショナー の役割その5 >>
2020.11.15 Sunday

がんナースプラクティショナー の役割その4

0

    がんナースプラクティショナーの役割 (@ infusion center)その4

    →『治療のゴールを、どうしたいかを探すサポートをする

     

    外来で働いている医師やNPは

    10分、15分、30分、 60分といったように

    限られた時間で予約が入り

    その時間で、診察室で患者さんを診る(もしくは現在はビデオ診察するが)

    Infusion centerのNPはそういった時間的なくくりがあまりないのが

    入院病棟で働くのと同じような形態かもしれない

     

    そのおかげで、時間を調節すれば患者さんとゆっくり話をすることができる

     

    NPになり3ヶ月ほどたった頃出会ったBさん

    輸血の同意書を取りにBさんがいる個室に行った

    輸血の説明を行い、同意をとり同意書にサインをしてもらった

    その過程で、どうして貧血になったかの説明などもしている中で

    Bさんが、受けているがん治療についての思いなどを話してくれた

    がん治療からくる副作用がとても辛いこと

    そして何より辛いのが、がんの治療薬や他の内服薬を奥さんが管理してくれていて

    奥さんにとってそれがとてつもないストレスになっているのをみているのが辛い

    でも、医師は、続けた方がいいというしどうしたらいいかわからないと涙を流しながら

    話してくれた

     

    とにかくじっくり聞いた

    自分は、Bさん自身がどうしたいか気持ちを整理できるように質問を投げかけた

    そして、治療を続ける続けないかは、医師や医療者ではなく

    Bさん自身が決めていいことを強調した

     

    また、治療を続ける、続けないの選択肢以外に

    副作用が強く出ているのであれば、薬の減量をすることや

    1-2週間ほど休薬してみて体の調子がどうなるかをみてみることもできるオプションもあることを伝えた

     

    その日は、Bさんは輸血で5時間ほどinfusion centerにいる予定だったので

    1時間ほど話をした後、3時間後にもう一度戻ってくるので、ゆっくり考えて

    今の時点でどうしたいかを伝えてもらったら、Bさんの担当医師にそれを伝えるのでと

    Bさんの部屋を後にした

     

    結果、Bさんは少し抗がん剤を休薬して様子を見てみたいと

    Bさんは、それで担当医師の機嫌を損ねてしまうのではと心配していたが

    それは絶対にないし、Bさんのケアチームは皆Bさんの思いを尊重してくれるから大丈夫だと伝えた

     

    その後、BさんはInfusion centerに戻ってくることはなかった

    どうされたか心配していた矢先

    担当の医師より、Bさんが休薬した後、治療を再開することは望まず

    ホームホスピスを選択した、Bさんの思いを聞いてくれてありがとうと連絡が来た

     

    Bさん以外にも、副作用が辛くて患者さんが何人か治療を迷っているという患者さんがいると

    ナースに呼ばれ、話をする機会がある

     

    Cさんは、治療を休薬し、副作用が楽になってから治療を何サイクルか

    再開した後、治療が奏功し、がんからくる痛みが軽減した、あそこで少し休んで再開してよかったと

    話してくれた

     

    がんナースプラクティショナー(@ infusion center) の役割その4

    個々のがん患者さんの治療に対する思い、ゴールはそれぞれ違う

    そして、その答えはすぐにみつかるものでもないし

    その思いは変化するもの

    その過程で、思いを聞き、より正しい情報を伝え、意思決定をサポートしていくこと

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    すごい久しぶりにモコちゃんのブログに来ました。
    お誕生日おめでとう。もう過ぎちゃったかな?
    こないだオンラインで会えたの嬉しかったよ。
    モコちゃんたっくさん頑張ってるね。
    会って話したいことがたくさんあるよ。モコちゃんのとびきりの笑顔でハグされたいよ。
    早く会える日が来ますように…気を付けてね!
    • ナッツ
    • 2020.11.22 Sunday 01:29
    ナッツ
    嬉しいコメント、バースディーメッセージありがとう!
    こちらこそ、先日はテレビ電話で皆の顔が見れて話せてすごく嬉しかったよ。
    時間合わせてくれてありがとうね。
    私もナッツと会って話したいこと山盛りだよー
    コロナが落ち着いて、日本に遊びにいける日が早く来ますように願っています。
    Miss you! and Plz keep in touch!
    • moko
    • 2020.11.23 Monday 09:12
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
    recommendation

    看護留学へのパスポート (シリーズ日米医学交流No.16)
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM