recommendation

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

火事

0
    今日朝起きて家にいるとき
    「どこかで焚き火をしてるのかな」という匂いがプーンと

    ドアを開けて外に出ると
    道路中焼けた匂い充満。。。

    急いで携帯でニュースを見ると
    「ナパバレー&ソノマで大規模な火事」
    というニュースが

    車で1時間ほど離れたところにある
    ワインで有名な地のナパ&ソノマ郡
    1500棟もの家が焼け死者も10名でてしまったと

    今も避難されている方がたくさんいる
    早い鎮火
    そして
    ナパ&ソノマに住む方の無事を祈っています。。。



    OCU 2017

    0

      oncology nursing society (ONS)=がん看護学会の
      サンフランシスコベイエリア支部の
      年次学会=Oncology Care Update (OCU)
      学会があり出席してきた



      朝8時から夕方の5時まで

       

      まずは

      Oncology Nursiong Societyの現在のプレジデントSusanから開講の挨拶

      Susanは、東海岸のDuke大学の看護学部長でもある

      今回のサンフランシスコの学会のために東海岸からはるばる飛んできてくれた

      看護師として、どうがん患者さのために、

      個人レベルで病院レベルで、州レベルで、国レベルでAdovocate(擁護)していいけるか

      彼女の活動を例に話してくれとても参考&刺激になった

       

      その後も

      興味深いトピックでさまざまなアップデート

       

      最近はとにかくがん治療の金額が高い
      そのトピックで
      Financial Toxicities

      直訳すると、「金銭上の毒性


      その後、最近のがん治療薬の流行りでもある

      Immunotherapy免疫療法

      日本でも承認されたオプジーボもこのカテゴリーに当てはまる

      最近のホットトピックが

      CAR T cell療法=T細胞遺伝子改変療法

      遺伝子操作をして、免疫系ががんをアタックできるようにするもの

      画期的なこの治療方法が2ヶ月前の8月についにアメリカで

      小児の急性リンパ急性白血病で承認された

       

      この治療ななななんとすごい高額=5000万円。。。。

      まさしくFinancial Toxicityだ

       

      この画期的な治療も完璧ではないし、

      再発のリスクも残る

       

      でも、この治療により命が助かるのであれば5000万円はなんとしてでも

      かけれるか。。。。

       

      がんは、すべての疾病のなかで今一番コストがかかるとのこと

      がんナースとして思うこと、考えることがでてくる

       

      そのほか午後の部もたくさんの興味ふかいトピックがつづいた

       

       

      学びだけではなく、

      10年前の大学院時代の同級生や、プリセプターと再会でき

      近況を報告しあったり、

      新しい出会いがもりもり沢山

       

      学びの場に

      出会いの場に

      mahalo




      より理解するために

      0
        10年前の自分はとにかく
        「がん看護」が学びたかった
        大学院で、「がん」という名前のクラスをもっととりたいなと思ったものの
        その他の必須科目が多く
        もっと授業のがん関係のことが入ってればいいのになと思ってた

        10年経って、臨床でいろいろな患者さんにあって
        やっと気づいた

        がん看護を行うのに、がんのことだけじゃダメなんだ
        患者さんをより理解するには
        他のことを知らないといけないんだ
        今回の大学院での学びの目標の
        自分の三本柱↓

        1. Palliative Care (緩和ケア)
        2.Gerontology (老年学)
        3.Primary Care (高血圧、糖尿病、循環器疾患など併発疾患などの一次医療)



        老年医療のクラスのテキストブックが読んでいて面白くおすすめ




        学びの面白さ
        広さ
        深さに気づけ
        出会えたことに
        mahalo



        授業スタート

        0
          今週から本格的に授業がスタート

          10年前に受け一番苦労した
          Pathophysiology=病態生理」
          は、ナースプラクティショナーコースでも必須だが、
          10年前にパスしているので今回は聴講のみ

          テストや課題を全く気にせずにストレス0

          テストに受かること
          いい成績を取ることが目標ではなく 自分が学びたいことに集中できあっという間の2時間だった



          このクラスは毎週トピックに合わせ
          特別ゲストがくる
          今週のテーマは「遺伝子」
          これまた10年前はチンプンカンプンでしんどかったこの講義
          がん看護師として臨床試験に携わるなかで遺伝子変異のことはきってもきれないこと
          その経験のお陰で今日の学びがとても面白かった




          ヘルスアセスメントのクラスも
          テストが大変なクラス
          このクラスも10年前パスしているのでテストは免除となり聴講のみ



          課題は気にせずに
          患者さんに実際つかえるようにというのが目標



          学びの面白さに
          学びの広さに
          mahalo



          統合医療クリニックの基金集めのイベント

          0

            昨日行って参加したイベント
            "Charlotte Maxwell"
            のミュージックコンサート

            Charlotte Maxwellは、サンフランシスコの湾を挟んだ街にある統合医療のクリニック

            ここのクリニック特徴は
            低所得者のがんと診断された女性が対象

             

            がんの症状緩和に
            鍼灸やマッサージなどの統合医療が
            効果があると言われてきている中
            そのサービスを受けれる方は
            費用的な問題から限られているのが現状

            そこで、このクリニックでは
            それらの統合医療を低所得者の女性のがん患者さんに無料で提供している

            そのようなサービスを維持するのにファンドレージング=資金調達のためのイベントはとても大切

            今年で5回目のミュージックコンサート
            その入場料でプラスとなったお金はこのクリニックの運営に当てられる


            普段あまりコンサートなどに行かないが
            昨日あまりに綺麗な歌声に心が震え感動した




            がん患者さんに統合医療を提供しているこのクリニックに
            それを支えるイベントに

            そのイベントを通して出会えた方々に
            mahalo




            << | 2/372PAGES | >>