2019.06.24 Monday

新しいがんセンター

0

    今日今働いている病院に新しいがんセンターがオープンしました↓

     

    各階に臓器ごとに外来のクリニックとインフュージョンセンター(治療センター)があり

    今日は、3つあるうちの1つのインフュージョンセンターをオープン

    個室からは、

    sfウォリアーズ(NBAバスケのチーム)の新しいスタジアムと

    SF湾がみえて、最高の景色

     

    今日に向かって皆で準備を続けた

     

    こんなにいいチームはいないと思うほど、

    どんなに忙しくても、新しいチャレンジでも

    皆で力を合わせて取り組めるチームメンバー

     

    今日の朝のミーティングで、看護師長さんが

    「たくさん準備してきたけれども、完璧はありえない。

    問題があったら、どんどん上にもってきてほしい。そして改善していきましょう」

    と。リーダーのその言葉に皆の顔がほころんだ。

     

    実は、とてもありがたいことに、この師長さんからここでNPとして働くことに興味があるか?!と

    いってもらった。

    うちのがんセンターは、他の部署だと、新卒のNPは取らず、最低二年の経験が必要。

    なので、師長さんのオファーは本当にありがたかった

    YES!といいたかったけれども、そこにステップアップするのに、まだやりたいことがあってNOと返答

    その返答も、全力で応援してくれた

     

    最高のナースチームメンバーに

    師長さん、副師長さん

    そして、その他のチームメンバーに

    mahalo

     

     

    2019.06.23 Sunday

    MASCC学会2019 in SF

    0

      MASCC=Multinational Association of Supportive Care in Cancer

      の学会がこの週末サンフランシスコで開催され、初めて参加

      今まで自分が参加してきた学会といろいろな点で違い、

      刺激溢れる楽しい3日間だった

       

      一番の違いは、今まで参加した学会は

      がん看護系の学会やがん医療の学会で

      参加者の大半がナースだったり、医師だったり。。。。。

       

      が今回のMASCCの学会は、他職種チームの学会で

      医師、ナース以外に、たくさんの薬剤師、リサーチャー、ソーシャルワーカーなどなど

       

      そして、MASCCの一番最初の頭文字のM=Multinational=多国籍

      とあるだけに、全世界からがん医療に携わる人たち1000人が集合

      ヨーロッパー、アフリカ、アジア、カナダ、南アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドetc...

      びっくりしたのは、日本から65名の参加者が!

       

      新しい出会い

      そして、

      友人との久しぶりの再会もあり

      学びだけではなく、笑いが止まらない楽しい学会だった

       

      学会を通しての学び

      出会い

      交流の場

      刺激満載のチャンスに

      mahalo

       

       

       

      2019.06.16 Sunday

      次のチャレンジ:レビューコース

      0

        卒業式がおわり、ほっとしたのもつかの間

        次の日土曜日&日曜日はナースプラクティショナー国家試験のレビューセッション

         

        そう、ナースと一緒で、学校を卒業しただけではなれず、国の試験にパスしなければなりません

        土曜日の朝7時半からホテルに10時間缶詰になり

        様々な分野の問題&説明をきき、とてもいい勉強になった

         

        正直、卒業式の次のひで、朝は起きるのがつらかったけど

        終わってみて、参加してよかったな〜と

        自分がどれだけわかっていないかよくわかったのが一番の学び(笑)

         

        学校が終わった直後タイミングよくデビューコースをうけれたことに

        学びに

        Mahalo

        2019.06.14 Friday

        卒業式

        0

          今日は待ちに待った卒業式

          9年前の卒業式と同じシンフォニーホール


          9年前は、まさかここに自分がまた卒業式で戻ってくるなんて
          微塵もおもってもいなかったこと

           

          2014年ハワイにいたときくらいから、

          ナースプラクティショナーにいつの日かなりたいと夢がふくらみ

          ハワイ大学や他の大学をいろいろと調べはじめました

          それから5年、母国にもどり、ゴールにたどりつくことができて胸がいっぱい

           

          卒業生は、看護学部博士課程と修士を合わせ

          計150名ほど、楽屋裏みたいなところに集合

          外は、通常の涼しいSFにもどったけど

          その部屋は皆の卒業への興奮&熱気で

          汗がでてくるほどの温度

           

          いよいよ入場



          Satが家族代表で参加してくれ、望遠レンズでたくさん写真をとってくれました

          ステージにあがって名前を読み上げられた瞬間↓

           

          大学院生活42.195キロのマラソンのようだった

          なんども、もうだめだーって足があがらなくなり止まりそうになり

          レースをやめようかなっておもったこともあったけど

          足を一歩一歩運んで、ゴールにたどりつけました

           

          その一歩を運ぶ力になってくれたのは

          周りの家族&友人のおかげなのは言うまでもありません

          心からたくさんMahalo

           

           

          番外編↓

          卒業式出発前、ジンジャーと朝のお散歩へ

          ジンジャーも黒いガウンを着て歩き誇らしげでした(笑)
           

          2019.06.13 Thursday

          最後の実習

          0

            今日最後のプライマリーケアのナースプラクティショナー実習が終了

             

            ここの実習先はレジデンシーとよばれる実習だけあり、

            2年を通して計540時間の実習のうち半分の270時間の実習を行った場所

             

            最高のNPプリセプターFとの実習

            最高のチームとの実習

             

            NPプリセプターFは、どんなときも穏やかだった

            忙しくても

            難しい患者さんのときも

            どんなときも、気持ちを乱さず穏やかだった

            NPとして人としてこんな人になりたいと尊敬できる人に出会えた

             

            自慢じゃないけど、自分はできない学生だった

            のに、いつもすごいポジティブなフィードバック

            "you are a wonderful student!"といつもいってくれたF

             

            叩かれて伸びる、頑張れる人がいる一方

            自分は確実に、褒めたられて伸びるタイプ(笑)

            一緒に働くドクターKも、できない自分のことをとことんほめてくれた(笑)

             

            今日は最後に難しいケース

            痛風症状だけど皮膚感染も合併してるかもと

            ペニシリンや他の抗生剤のアレルギーがあり

            じゃあ、なにを処方する?!って

            そのときにKが、コンサルテーションしてくれた

            そしていろいろ教えてくれた

             

            念のためレントゲンをオーダーし

            抗生剤を処方し、痛風の処方をしetc..

             

             

            そんなこんな、、、、、

            無事に実習がおわり

            ほっとした1日

             

            今日でこのプログラムが修了
            Satが近くのメキシカンレストランでお祝いしてくれた


             


            このレストランにしたのは
            じんちゃんもこれるため


            2年間のプログラム
            応援してくれた家族&友人に
            近くで応援団してくれたSat & Gingerに心から
            Mahalo

             

             

             

            Calendar
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << October 2019 >>
            recommendation

            看護留学へのパスポート (シリーズ日米医学交流No.16)
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Recent Trackback
            Recommend
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM