2020.05.29 Friday

トレーニング終了

0

    あっという間に

    ナースプラクティショナー (NP)として働きだしてから

    あと2週間で6ヶ月

     

    働きだした当初

    特に1ヶ月目は

    ナースとして働いていた職場で

    次の日からNPで働きだし

    自分だけではなく、周りの同僚ももアジャスメンとが必要だった

    そして毎日が緊張の連続だった

     

    3ヶ月目頃から少しずつ自分のポジションに

    慣れてきた頃

    直属のメンター(指導者)Tが

    一人立ちに向けてスケジュールを調節してくれて

    気づけば、一人で色々と対応しはじめていた

     

    でも、対応してても、自分で気づかないところは色々あって

    Tがその部分を、的確な質問をしてくれて

    ハットする毎日だった

     

    早く一人前のNPになりたく

    そして、もっとより良いケアを治療を患者さんに提供したいと

    毎日仕事から帰ってから、そして朝起きて

    机に向かい勉強する毎日

     

    それを暖かく応援してくれたSatには、

    ありがとうの言葉しかない

     

    6ヶ月たち、トレーニングが終わるにあたり

    新たな目標を見つけ(NPとして)Satに打ち明けたら

    「すごいいいじゃん、いいよいいよ〜応援する」と

     

    こんな癌ナース一筋な自分を全力で応援してくれるパートナーは

    あまりいないな〜と心から感謝

     

    6ヶ月間

    卵から生まれたばかりのひよこの自分を

    温かく指導し、導いてくれたメンターたちに

    他職種のチームの皆に

    応援してくれた家族&友人たちに

    心からMahalo

     

    <番外編>

    トレーニングを終えたお祝いに

    今日は近くのお寿司屋さんでロールを注文


     

     

    Satが、「よく頑張ったね」と大好きなチョコレートケーキを買ってきてくれて

    ハッピーな晩餐に

     

    トレーニングを終えて

    むしろこれからが大切

    この6ヶ月学んだことを生かし

    そして、学び続け

    ベストケア提供を目標に

    毎日ベストを尽くして頑張るぞ〜

    2020.05.22 Friday

    5月チャレンジ:Quarantine 100 Mile

    0

      今月五月のチャレンジは、

      Quarantine 100 Mile

       

      外出禁止令が出され、

      ジムでのトレーニングもできなくなり

      運動量が減りこれはやばいと思っていたところ

      職場のSから、Quarantine 100 Mileチャレンジのお誘いが

       

      そのチャレンジに挑んだ25名が誰が先に総計100 Mile

      を走るかというもの

       

      最初誘われた時、100kmだと思い、

      それなら1ヶ月あれば走りきれるだろうと

      OK!と参加したものの

      よく見ると、100 Mile=160 km。。。。。

       

      まあ、できるところまでやってみようということで

      仕事がお休みの日に10-25キロ走っていたら

      今日21日目で見事100マイル達成!

       

      この挑戦にSatも一緒に挑んでくれ

      一緒にいろんな景色を楽しみながらランニング

       

       

      Covidで市営のゴルフ場は、ゴルファーが使えなくなったため

      一般解放されて自由に走ったり歩いたりできることに


      今回の一番長かったルートは25キロで

      ゴールデンゲートブリッジを渡って帰ってくるコース

      ちなみに橋は、片道2.7 kmなので、往復すると橋だけで6キロ弱に


      10ー20キロコースはじんちゃんも参戦

      じんちゃんの得意技は、走っていてとつぜんいい匂いがたち?!

      お友達を見つけること↓↓

      地リスさんと御対面

       

      実は、明後日24日にフルマラソン予定だったのが

      来年に延期に

       

      それに向けて、購入したこのApple Watchが

      ランニングにも仕事にも大活躍

       

      Quarantine 100 Mileチャレンジのおかげで

      新たなアイテムゲット

      そして

      運動のリズムを確立できて

      Sat & Gingerと楽しくランニングできたことに

      Mahalo

       

      2020.05.15 Friday

      手紙&看護週間

      0

        今日、仕事をしていて手紙を受け取った
        しかも封筒には「Moko」としか書いていなくて、よくこんな大きな病院で届いたなと
        そして、差出人の名前を見ると
        半年前に亡くなられた患者さんGの名前が。。。。。。
        読んでいて、涙が溢れた
        その患者Gさん、自分が大学院にいるときから誰よりも応援してくれていた、
        そして、ナースプラクティショナー として働き始めた時も、誰よりも喜んでくれた。。。

        旦那さんが、その患者さんの思いを書き綴ってくれたメッセージカードは
        Gさんの手作り
        カードを封筒から取り出すと"Congrats=おめでとう"
        の切り絵のカップケーキが


        先週から始まった看護週間では
        毎日のようにナースへたくさんのありがとうのメッセージとともに、ランチやデザートの差し入れがあった

        NPになった今も
        自分の基盤はナース
        ナースになったことに
        大好きなナースを続けられることに

        心からMahalo

        2020.05.08 Friday

        インフュージョンリアクション

        0
          がんの点滴治療薬の中で
          薬によって、インフュージョンリアクションがおこることがある

          軽度の痒みがでて、皮膚に赤みがでる軽度のものから
          蕁麻疹用の皮疹がでたり、呼吸が苦しくくなったり
          重度だと、血圧が下がり、気管閉塞で
          気管内挿管が必要となるケースも
          とても稀だがおこる。。。。

          毎朝、その日予約が入っている患者さんのリストを確認し、
          インフュージョンリアクションを引き起こす可能性のある患者さんをリストアップする

          今日も5人ほど可能性がありそうな患者さんをリストアップしていた

          そしてその患者さんたちが、なにもなく無事に治療を終えたのをみて
          ほっとしてNPオフィスでランチを食べていたら
          メディカルアシスタントが駆け込んできて
          「Moko、すぐきて欲しい。注射をうけた患者さんがリアクションをおこしている」
          と。

          その注射からリアクションが起こる確率は、薬の説明書に書いてないほど稀
          しかもその患者さん、四週間に一回その注射をこの2年間受けていていままで
          なにもなかった
          が、部屋に駆けつけると患者さんが苦しそうにしている。。。
          喉や胸が締め付けられる、舌がむくんでいる感じがすると。。。
          咳もでて、背中も痛いと。。。
          全てが、リアクションの症状に当てはまる

          症状を緩和するための
          薬をオーダー&投与
          15分ほどで全ての症状がおさまった

          こんな感じで、
          急変やリアクションが常にどんな患者さんにも起こりうるので
          少しでも早く介入できるように
          常にNPオフィスかナースステーションでスタンバイしている


          今日の患者さんもそうだが
          リアクションの対応は
          ナース、メディカルアシスタント
          とチーム全体で行う

          経験豊富な
          そして、チーム力の高い
          チームメンバー皆に
          mahalo

          2020.05.05 Tuesday

          プライマリーケアの知識

          0

            サンフランシスコでShelter in place=外出禁止令が発足されて、早7週間

            建設業や、いくつかの外での運動が昨日から解禁されたが

            外出禁止令そのものは、5月31日まで延長となった

             

            自分が働く大学病院では、

            がんセンターの外来の診察の70%くらいが、ビデオ診察に切り替わった

            がんセンターだけではなく、そのほかの診療科も緊急しか受け付けていなかったり

            プライマリーケア(一次医療・家庭医)も、症状が軽少な場合は、ビデオ診察

            か予約が取れなくなっている

             

            その状況の中、自分が働くがんの外来治療センターでは、

            がんの治療や、症状緩和のケアを必要とする患者さんが毎日通院されている

             

            ナースプラクティショナー(NP)で働き出し

            3ヶ月経ち、少し慣れてきた時に

            Covid19が、パンデミックが起こった

             

            担当の看護師が点滴治療の前に、検査値や症状をアセスメント

            そして、そこで異常があった患者さんがいると報告を受け

            自分が診察するという流れになっている

             

            先に書いた状況のため

            この7週間、いつも以上によく診察の依頼を受けるようになった

            例を挙げると

            「吐き気が止まらない」「めまいがする」「血圧が高い・低い」

            「頭がいたい」「湿疹が出ている」「足のむくみが取れない」「飛蚊症のようなものが目にチラチラする」

            etc....本当に様々

            がんや治療から来るものもあれば、それとは全く関係なくおこっている症状もある

            治療前に、ビデオ診察を担当の医師やNPから受けている時もあるが、

            ビデオ診察で言い忘れてしまったことも報告を受ける

             

            そんな中、NPプログラムでプライマリーケアを習ったため

            それがとても役に立っている

             

            昨日も、がん治療にきた患者さんが

            「右耳が昨日から痛くて。。。いつもなら耳鼻科に行って薬を出してもらえるのに

            緊急しかみてもらえないから。。。」と

            担当の看護師からその訴えを聞いて、耳の診察をオトスコープで行なった

            結果、感染兆候がみられなかったので、薬の処方はしなかったが

            患者さんは、耳を診察してもらって安心したと

             

            コロナは本当に長期戦になりそう

            一日一日

            自分ができることを精一杯やっていこう

             

            <番外編>

            休日の癒し一つ目↓

            じんちゃんとSatと皆でジョギング

            休日の癒し二つ目↓

             

            Satが私の休日に合わせてホットケーキやカフェメニューを作ってくれる

            今日は、大好物のさつま芋蒸しパン

             

            おかげでパワー全開

            明日も頑張ろう!

             

             

             

             

             

             

             

            Calendar
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << July 2020 >>
            recommendation

            看護留学へのパスポート (シリーズ日米医学交流No.16)
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Recent Trackback
            Recommend
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM