2020.02.23 Sunday

ACLS認定コース

0

    先々週仕事をしていたら、病院内に「Cord Blue」のアナウンスが流れた

    Cord Blue=患者の容態が急変し、特に意識消失や心肺・呼吸停止の時などに使われる緊急コール

     

    自分が働いてるInfusion Centerでは、がん治療薬などからアナフィラキシーショックやリアクションが

    起こり、Cord Blueが使われることが時々ある

     

    Cord Blueのアナウンスでは場所もアナウンスされるが、

    そこに近い医療者特に医師やNPはすぐに駆けつけるようになっている

    それと同時に、Cord Blueを専門にするチームも駆けつける

     

    その日、抗がん剤を受け痙攣、意識消失した患者さんの元に自分がたどり着いた時には

    すでにたくさんの医療者がベッドサイドで、ケアにあたり患者さんの意識が戻っていた

     

    その患者さんが落ち着いた後、先輩NPと振り返り

    「Mokoが一番近くにいる担当のNPだったらどう対応する?」と

    その問いに対し、

    「脈や呼吸を確認し、バイタルサインをアセスメントし、必要な緊急時の薬を投与する」

    と即答えたが、

    「それはナースとしてやってきたこと、それらは担当のナースが行うこと。

    NPとしては、その中でオーケストラの指揮者のように、チームをまとめて、

    何が必要かを指示していくことが求められるのよ」と。

     

    ちょうどそのタイミングで、先週ACLSの認定コースを受講することができた

    ナースの時は、BLS(Basic Life Support: 一次救命処置)のコースを2年に一度更新するのが必須だったが

    NPでは、ACLS(Advanced Cardiac Life Support: 二次救命処置)の認定を受けることが必須

     

    コースは、10時間のクラスで、テキストやビデオを見ながら

    合間合間に実技も入り、盛りだくさんの一日だった

     

    実技では、モニターに出てくる心電図やバイタルサインから

    そのマネキン患者がどのような状態にいるかアセスメントし

    必要な薬剤や除細動をかけ、救急処置に当たるという練習

    一人一人順番で、チームリーダーになり、

    チームメンバー(ほかの受講者)に指示を伝えるというものでとてもいい練習になった

     

    心肺停止、VF/無脈性VTのケース、頻脈、徐脈、脳梗塞、急性冠症候群のケース

    など様々で、それぞれアルゴリズムがあり、教科書についているポケットカード↓が助けとなった

    一連のケースを学び、実技を行い

    最後に4択式の筆記テストをうけ、80%以上で合格となる

     

    無事に合格し、認定証をもらうことができた

    このACLSはBLS同様、2年に一度更新していく必要がある

     

    緊急な場は、とつぜん起こるもの

    それに合わせてすぐに対応できるようまだまだ勉強が必要だなと

     

    オーケストラでいい演奏が奏でられる指揮者目指して。。。

    ACLSのコースでのたくさんの学びに気づきに

    Mahalo

     

     

    2020.02.13 Thursday

    ジムでのエクササイズ&スピンクラス

    0

      2020年の目標の一つ
      =トレーニングジムに入会すること
      ひとまず↑は、新年達成

      なんとなく続けられることもできるけれども
      目標があるとさらにモチベーションが上がる

      というわけで、5月の末、2年ぶりのマラソンにトライすることに!

      マラソンに向けて持久力をアップさせること
      そして、苦手な上り坂に大切な筋肉と
      下り坂に耐えられるため(怪我予防のため)のサポート筋肉とコアをアップさせることが
      この4ヶ月弱のエクササイズにおいての目標

      一月は↓のグループクラスにはまった
      スピンクラス

      自転車は自分の中で苦手意識があったので、お試しな感じで行ってみたら
      楽しくてはまり毎回とてもいい運動に
      朝6時からのスピンクラスもあっていってみたら

      朝早くからこんなにたくさんの人がいて

      クラスでのエクササイズはモチベーションアップ↑

      1月はこのスピンクラスのおかげで、いい感じでスタート

      そしてトレーニングでエンジンがかかり

      2月は、次の目標で、「平日最低2ー3日仕事後に運動する」を掲げ

      今の所達成and楽しくジムに通っている

      Satがパーソナルトレーナーになってくれ

      有酸素運動のランニングや、スピニングだけではなくて、

      マラソン用の筋力アップに

      筋トレなどもメニューに入れている

      2020年

      エクササイズ

      無理しない&楽しんでをモットーに

      ジム通いが楽しく

      軌道に乗ってきていることに

      mahalo

      2020.01.27 Monday

      初めての歯科治療 In the U.S

      0

        ここ2週間ほど

        左の上の奥歯が夕方頃から痛み出し

        そして冷たいものを飲むとズキーンと痛み出した。。。

         

        なるべく痛み止めを飲まずに耐えれるところまで頑張ったが

        横向きでも、上向きに寝ても痛みが増し

        寝たら痛みを感じないぞと言い聞かせるも

        痛みで寝付けずで、結局一日一回夜に痛み止めを使用していた

         

        日本では、とても幸せなことに、

        世界一信頼できる歯医者さんに今まで診て治療してもらえていたので

        渡米後14年間アメリカの歯医者さんに一度もかかったことがなかった

         

        渡米直後3ヶ月経ってまもない頃

         

        Satが親知らずで、食べれないほど痛くなった

        まだアメリカの歯科事情を知らなかったmoko-sat。。。。

        学校から帰って、歯の治療を終えたSatがうなってて

        「全身麻酔をかけられ、親知らずを抜いて、10万円かかった。。。」と。。。。。

         

        そのご、アメリカの歯の治療を受けた友人たちが口々に

        アメリカの歯の治療は「高い」「すぐ抜歯される」「痛み止めでモルヒネをもらった」

        などなど、恐ろしいコメントを聞き

        できることなら行きたくないと思って、14年が過ぎた

         

        が、今回はそんなことを言ってられず、

        今日初めてアメリカでDental Clinic(歯科医院)へ行ってきた

         

        サンフランシスコの歯科医院を何個もウェブサイトで口コミなどをくまなくよみ

        近場で一番良さそう、このドクターなら安心かもと10日ほど前に予約をした

         

        自分の左の上の奥歯は弱い部分で、

        もともと親知らずが生えてきている+奥の大臼歯は過去治療してもらっていたので、

        親知らずが悪さして、治療した歯が悪くなってしまったのでは?

        「抜いたほうがいいと言われるのでは?」とすごくドキドキしていt

         

        そして、今日レントゲンを撮ってもらい、すぐに

        「あ〜これ、親知らずが虫歯になってるね。いつ抜歯したい?!」と。

        「今日抜いて欲しい」と伝えったら「OK!」と

         

        恐れていた全身麻酔のオプションはなく、局所麻酔をかけてもらい

        上手に抜いてもらった

        いつ抜いたのかわからなかったほど、

        本当に早く痛み増加なく抜いてもらい感動だった

         

         

        初めてのアメリカでの歯科治療が無事に終わったことに
        抜歯後も順調に回復し 歯の痛みが全くなくなったことに
        mahalo

         

         

         

         

        2020.01.11 Saturday

        靴の力

        0
          最近大きなマラソンで次つぎに選手が記録をだし
          そして今年の箱根駅伝でも注目を浴びた
          Nikeの厚底シューズVaporfly

          何を隠そう走るの大好きなMoko-satも去年ゲットしたアイティム↓



          Satは、このシューズのお陰でフルマラソンを3時間13秒で走りきり
          30分以上も自己新記録を更新


          履いた感触は今まで経験したことがないはき心地

          厚底なのに軽くて
          しかもクッションのおかげで、
          地面を蹴り上げる時に勝手に足が弾んでくれ
          始めて履いた時すごく衝撃を受けた


          このアイティムを試すためにも 2020年一つフルマラソンを走りたいな〜とエンジンがかかり始めたところ

          マラソンシューズの進化に
          走る楽しさに
          mahalo
          2020.01.02 Thursday

          新年スタート

          0
            2020年がスタートして今日で二日目
            日本で生まれ育った自分は、
            こっちにきて何年経っても
            お正月はせめて3日ほどのんびりしたいな〜とおもうのは本心
            ですが、
            アメリカは、どこも2日から通常営業
            朝焼けが少し残る綺麗な空を見上げながら
            2020年への抱負を心に刻んで通勤


            今日は肝臓に転移したがんの治療の一つである、肝動脈注入の手技のトレーニングをうけた

            学ぶことがたくさの日々に
            根気よく教えてくれるプリセプター
            そばで応援してくれるRNの同僚に
            mahalo
            Calendar
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << April 2020 >>
            recommendation

            看護留学へのパスポート (シリーズ日米医学交流No.16)
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Recent Trackback
            Recommend
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM