recommendation

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

NPコース一年め終了

0

    あと1日半分の実習は残っていますが

    今日でNPコース一年目の授業が終了

     

    昨年の9月から始まった2年のこのプログラム

    新しい学びに心踊らせ、楽しくおもしろかった反面

    自分の力量のなさや、できなさに途中何度も何度も転びくじけそうになりました

     

    が、なんとか折り返し地点に到着して

    ほ〜〜〜〜っと一息

     

    「もう学校にはいかないから」

    と8年前大学院を卒業したときに宣言したにも

    関わらず懲りずに戻った自分。。。。

     

    そんな自分を

    楽しいときも息切れしているときも、

    ビッグスマイルで

    そして日々栄養満点のご飯を作って

    そばで支えてくれたSatに

    心からMahalo

     

    ↑学校からの帰り道

    丘のうえから海の見えるビューがお気に入りの下校道

     




    ナースプラクティショナーの実習

    0

      ナースプラクティショナーの実習は今のプログラムでは2年間で計500時間が必須

      各学期に90時間ずつ実習にいっている

      今学期の実習は2箇所45時間ずついったのだが、どちらもとても学び深く最高に楽しい実習だった

       

      一つは、慢性疾患のため在宅からでれない患者さんを訪問する「House Call=往診」の実習

      そして二つめは、Breast Care Centerでの実習

       

      2つめの実習先がきまった連絡がきたときは、嬉しさで飛び上がった

       

      なぜなら、その実習場所は8年前にClinical Nuurse Specialist(CNS)学生のときに6ヶ月間いった実習先と

      同じ場所で思い出詰まった懐かしの場所

      8年前CNS学生のときのプリセプターと同じオフィスだったナースプラクティショナー(NP)のSについて実習ができることに


      乳がんのリスクの高い人たちのスクリーニングが中心
      「触診はとにかく実際にやっていって学ぶもの」
      とプリセプターSは初日の一人目の患者さんだけ、見学し二人目からは実際に一緒に触診に入らせてくれた

      実習2日目からは
      一人で診察室へ行き
      問診を取り、診察
      その後
      プリセプターに患者さんのサマリー&自分のアセスメントを要約し、プランを伝え
      その後プリセプターとともに診察室へ戻りプリセプターがもう一度触診
      で、それらを記録にまとめる

      Sが忍耐強く聞いてくれ
      豊富な知識を教えてくれ
      この道17年というゴッドハンドを持つ乳がん触診のスキルを叩き込んでくれ
      学び120パーセントの実習だった

      「ドクターではなく、NPのSさんじゃないと嫌だ」という患者さんからの声がきこえたのも、

      ただ知識やスキルが高いだけではなく

      ベッドサイドマナーの高いSだからだな〜とこの実習を通して思ったこと

      8年前にきた実習先に戻って来れたこと
      乳がんスクリーニングについて多くの学びがあったこの実習に
      プリセプターSに心から
      mahalo

       

      (↑待合室の壁に描かれた8年前と変わらないこのタイル絵は、

      乳がんの患者さん一人一人が書いたもの)




      専門職種間のアプローチ:Interprofessional Standarized Patient Exercise

      0

        チーム医療。。。。。

         

        医療が進歩し、とても良いことな反面

        医療システムはだけではなく、患者さんが直面している問題も複雑化している

         

        この問題に取り組むのに、

        以前もブログにかいたが、"Interprofessional Approach"(他職種間の介入)

        がとても大切なアプローチ

         

        今日は、Interprofessional Standarized Patient Exercise (ISPE)という必須クラスがあった

        10年前に同じ学校に通っていた時にはこのクラスはなかったので、

        うちの学校ではまだ5年くらいで新しいセッション

         

        クラス前は自分がどれだけできるか、緊張ドキドキだったが、

        終わってみて、とても学び深く楽しい時間だった

         

        どんな感じだったかというと↓↓↓

         

        他の学部の生徒とともに、チームアプローチを練習する授業

         

        私のグループは、医学生&理学療法学生&薬剤学生そして、ナースプラクティショナー学生(=自分)

        の4人からなるチーム

        今日初めてあう人たち

         

        患者さんは、アクターが患者さんになりきって演じてくれて本当の患者さんのようだった

        いくつもの問題を抱えている難しい患者さんのケース

         

        まずは、チームであつまり患者さんの情報を共にレビュー

        それぞれ10分ずつある患者さんとの時間をどのように使うかを話し合った

         

        私は、一番手で、患者さんの症状を問診する役割

        その後、薬のことは薬学部のメンバーが

        患者さんが神経内因性の痛みをもっていたので、理学療法士の学生が問診&診察

        最後に医学生が、心理的なことについて問診&診察

         

        その後10分間で、患者さんの問題について話し合い、プランをたて

        患者さんにそれぞれの立場から話すという流れ

         

        ファシリテーターの先生が、別室でビデオでみていて

        最後振り返りのセッションもあり

        皆でなにがよかったか、どうすればよかったかなど振り返ることができ

        とても勉強になった

         

         

        それぞれの学生が自分たちの強みを出し合い、

        話し合い複雑な問題を抱える

        患者さんの問題解決にむけてアプローチ

         

         

        一人一人が意見をだしあい

        お互の考えを尊重しあい

        とりくめたこと

        それぞれの専門性から学びをふかめられたことに

        mahalo

         

         

         

         

         

         

         

         

         




        122回ボストンマラソン in 2018

        0

          昨日、2018年の第122回マラソンが無事に?!終了しました

           

          いや〜今まで計マラソンを7回ほど走ってきましたが、

          今までに最悪の天候で、過酷なレースでした

           

          当日の朝から大雨

           

           

          気温は3−5度

          スタート地点付近にはまだ前日のこった雪がのこり。。。。

          風速は40km

          そして土砂降りの雨。。。。。。

           

          寒さだけなら、雨だけなら、風だけなら。。。。。

          なんとかなったかもしれませんが、これが全て重なり

           

          2500名のランナーが救護され

          そのうちの90%が低体温症だったそうです

          アマチュアランナーだけではなく、エリートランナーも棄権したランナーが多かったようで

          去年のボストンマラソンで男子2位だった選手もハーフ地点で棄権したとニュースで

           

          自分もゴールができず悔し涙を流した一人

          全く水を通さないウインドブレーカの上にさらにジャケットをきて、

          その上に全身防備のロングカッパをきて完全防備でスタート

           

          寒くて寒くて少し走れば暖かくなるかなとおもったのに

          走っても走っても、スピードをだしてみても一向に温かくならず。。。

           

          走っている道路は、水たまりを避けることなんてできず

          一部川下りをしているのか?!とおもうほど、踏み込む足にジャボジャボト水が

           

          防水の薄手の手袋の上にもう一枚手袋を重ねてしたけれども

          手も10キロ付近ではもうぐしょぐしょに

          20キロ付近では寒さでお腹も痛くなりトイレにかけこんでひと休憩

          30キロすぎたころには、寒さで足が上がらなくなりまっすぐ進めなくなり

          ゴールまでのこり3キロのところで、全身震えがきてもう一歩が踏み出せず救護へ

           

          そこからあと2キロ走ったらSatが雨のなか沿道で応援してくれている

          ゴールをまっていてくれている

          最後はSatにあいたい一心で足をうごかしたけれども

          だめでした

           

          低体温症で脈拍もあがり、暖かいブランケットをかけてもらっても

          スープをのんでも震えが止まらず涙の棄権

           

          前回のブログでかいた「低体温症にならずゴールする」という目標叶わず

           

          でもしかたない

          これだからこそレースは面白いんだ

          どんなに準備しても、想像だにしないことがおこる

          自分ではコントロールできないこと(内因&外因)が起こる

          だからこそ、スポーツは面白い

           

          自分にとって初めてのボストンマラソン

          昨日は不完全燃焼だったけれども。。。

           

          今回ののチャレンジと旅を振り返り

          走ることを通して、

          ボストンで友人との再会

          新しいランナーとの出会い

          美味しい魚介類をたべたり、

          ボストンメイン州で地ビールを楽しんだり

          そして、ここにくるまでに
          に友人家族、同僚や患者さんからたくさんの激励のお言葉を

          いただき、ボストンマラソンにこれたこと、スタートに立てたことだけでも

          十分で幸せなことだったなと

           

          ボストンマラソンに参加できたことに

          この貴重な体験に

          mahalo

           




          初ボストンマラソン前日

          0
            ボストンマラソン



            出場するのに、年齢ごとに決まっているタイムをクリアしないと出場権すらもらえないこのレース
            敷居が高すぎて 自分には無縁のマラソンだと思っていた。。。

            が、去年の5月友人が誘ってくれたロスの近くの街で行われた
            下り坂のマラソンで、ベストタイムが出て
            出場権を獲得

            そんなこんなで、夢のボストンマラソンへ


            昨日ボストン入りし、


            今日はゴール付近をジョグ
            ゴールを見るだけで
            胸が高鳴りワクワクドキドキ





            お昼は、ボストンマラソン出場の日本人ランナーが集まる会へ

            カレーライスや煮物など
            日本食で体がほっとし


            地元ランナーからは貴重で為になる
            情報もいただき楽しいひと時

            今日は雪がちらつき
            気温は何と0度

            明日は、100%降水確率で雨で寒くなり予報。。。。。


            冷えやすい体質で、
            雨で運動が大の苦手な自分。。。。
            今回の目標はタイムではなく
            低体温症にならずゴールに戻ってくること

            このボストンの地にSatとこれたこと
            友人たちとの楽しい時間
            応援してくれる家族や友人、同僚たちに
            心からmahalo



            << | 2/378PAGES | >>