recommendation

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

volunteer & SUSHI

0
    今日は、ボランティアのトレーニングの大詰めの一日研修の日。
    朝8時半から5時までのロングな講習。
    今までの講義とちがって
    ホスピスに実際にいってのトレーニング。

    朝8時15分のバスに乗るため
    7時に目覚ましをかけてたのに
    目をあけたら
    なななななななんと8時びっくりびっくりびっくり!!!!
    飛び起きて仕度をし
    なんとか間に合い現地到着!!!!



    ここのホスピスは14床。

    暖炉がありお部屋も広間も暖かい雰囲気。



    今日は15人くらいの新しいボランティアの方たちがいました。
    職業を聞くとマッサージセラピストのかたやソーシャルワーカーのかた
    医学生、看護学生、ナースと様々。

    皆で一人ずつ自己紹介。
    最後にチャプレンが
    「モトコは日本からきたけど、こうして日本のことを聞いて情報交換できることは私達にとってとてもいいこと」
    といってくれ、すごくうれしかった。

    講義は、ナースから感染予防にについての講義や
    チャプレンから個人情報の管理についての講義
    そして、体位変換やおむつ交換、車椅子からベッドに移る
    介助などなど、
    日本にいるときに、ナースとして受けた
    講義に近くてびっくり。
    ボランティアの方が日本のナースがしていることを
    するということに、きいてはいたけどびっくり。

    体位変換では、二人一組になって患者さんやくの人の
    体位変換をしたのですが
    声かけがむずかしい。日本語だったらいろんなバージョンで
    おもいつくのに、英語となると・・・・・・・
    でも一緒に受けた、おばさまたちに
    「こういうときはどういえばいい?」と
    質問。
    皆丁寧におしえてくれました。

    今日は自分がナースということ、やっぱりナースが好きだということを実感。
    そして、またナースとして働きたい!と思いました。

    そうそう、今日の驚きのひとつに
    病院で装着する手袋が紫だということ。
    日本に居たとき病院でつかっていたのは肌色っぽい色や
    シロっぽいいろだったけど
    紫だなんて。
    こっちはどこまで色が派手なんだろうかと他のボランティアの人に
    話をしていたら
    よくよくその手袋をみると
    半分は日本語で箱に説明が。
    日本にも輸出されているらしく。
    日本の病院でも紫の手袋をしているところがあるんですね。

    講義後、大學のブックストアにいったら
    お友達に会い
    お寿司を食べにいくということで
    合流!



    5皿中4皿サーモン!またしても!!!
    おいしかったなな〜



    hospice volunteer No2

    0
      今日も授業後ホスピスボランティアのクラスを受けに
      いってきました。

      今日の目標はとにかく沢山の人と話そうということ!
      電車をおりるときに、同じファイルを持った人を発見!
      すかさず話しかけ、talking。

      会場につくやいなや
      隣に居る人に話しかけ〜

      その人は今biologyの分野に居るようですが
      医学部をめざして勉強をしているとのことで
      医療系ということで話が合い意気投合。

      今日は、
      ドクターより
      「病気の患者様の顔」

      ナースより
      「痛み&症状コントロール」についての講義がありました。

      どうやら私はアメリカ人にとっては年齢不詳にみえるらしく
      自己紹介した方に
      そのかたがたに
      「あなたは、死に目に会ったことがあるの?」
      「死にいくひとにあうことは大丈夫なの?」
      と。

      「i am a nurse.」
      というと安心してくれました。

      帰りの電車の中で
      隣に座ったひとと話としていたら
      どうやら同じ大學にいっているということ
      そして彼女も看護をめざしているとのことで
      意気投合。

      看護はどこにいっても普遍だなあと。

      なんて素敵な職業なんだろうかと自画自賛!!!







      << | 2/2PAGES |